卓上などで品物を撮影するときに三脚を使うことが多くあります。このときにもっとカメラを被写体に近づけたいとか、カメラの位置をテーブルの中心に設置したい、などセッティングの微調整はなかなか難しいものです。今回は、そんなときに使えばとても重宝する便利撮影グッズを紹介します。

三脚につけたカメラは思うところに向けにくい

スライディングアーム

三脚にカメラを固定して被写体に近づけて撮影する場合は、卓上の端で撮影しないと撮れない場合が多くなる。場所の制約がある分撮りづらい状況。


三脚にカメラを取り付け、テーブルなどにおいた品物を撮影することはよくあります。被写体からカメラまである程度距離があり、望遠ズームで拡大して撮影するときは問題ないのですが、被写体にレンズを近づけて撮る場合はセッティングが思うようにならないことが少なくありません。

テーブルの端に被写体を置き、三脚との距離を近づけて撮るなどで対処しますが、状況によっては簡単に被写体を移動できない場合もあります。

また、三脚にカメラを取り付けて被写体の真上から撮影したい場合にも、セッティングを難しく感じることがあります。そもそも三脚に取り付けたカメラは横向きには自由に向けられても、真下には向けにくい造りになっていることが多いです。

これらのような状況のときに、カメラを自由な位置で固定できたら……とふと思うことがあります。しかし、このような問題を解決してくれる撮影グッズがあるのです。

スライディングアーム

三脚に取り付けて使う延長ズームアーム「スライディングアーム2」。アームのスライド幅は、370ミリ。重さは530グラム。


それが、SLIK社から販売されている、「スライディングアーム2」。このスライディングアームは、三脚に取り付けて使う三脚パーツ機材です。これがあると三脚に取り付けたカメラのセッティング範囲が驚くほど広がります。

次のページでスライディングアームの使い方を解説します!