ほんとに必要?を考える

インテリアを計画するとあれもこれも欲しくなって、結果として失敗することって多々あります。そんな時には、何を優先させるか、今、何が必要なのかを整理することも必要です。その良い例が井田さんの洗面所です。

 

窓前に大きな乾燥機が。そのために暗くなってしまう洗面所。

窓前に大きな乾燥機が。そのために暗くなってしまう洗面所。

窓に向って左手に洗面化粧台、右手に洗濯機と乾燥機のある、一般的な洗面所。「乾燥機はあると便利なんだけど、でも暗いのがどうしても気になって」と井田さん。


 
乾燥機を取り払って、明るさを取り戻した洗面所

乾燥機を取り払って、明るさを取り戻した洗面所

思い切って乾燥機を外すことにしました。別荘なので乾燥機を使う頻度が低いこともあり、それよりも窓を潰して採光や通風が取れなくなるほうが困ると思ったからです。「それに、今はお金がないけれど、乾燥機が必要になったら乾燥機付きの洗濯機に買い替えてもいいしね」だそう。

洗面化粧台も白っぽいものに変え、以前に比べると明るい洗面所に変わりましたね。


 

 

皆でも一人でも楽しめるアウトドア

木々の緑に囲まれた爽やかなアウトドアスペース

木々の緑に囲まれた爽やかなアウトドアスペース

それから、別荘といえばアウトドアも楽しいもの。そこで、外空間としてバルコニーも新設。これも端材を使ってウッドデッキとベンチを設置。白と周りの緑のコントラストがきれいですね。仲間と一緒ににぎやかにBBQしてもよし、一人でのんびりお茶をするのもよしのスペースになりました。都会の生活の慌ただしさと離れてのんびりできそうですね。


 


2回にわたり、大変身した別荘をご覧いただきましたが、いかがでしたか。井田さんの別荘は「明るく居心地良く人が集まれる場所」をテーマとして、リフォームに大成功。

リフォームや模様替えに手をつけるとあれもこれもと思いがち。いつの間にか金額がアップしてしまうことも多いのですが、はっきりとした目的で何をやりたいのかを明確にしておくと、予算の配分もしやすくなります。井田さんのようにこだわるところ、あとでもいいところなどを整理して取り組むと後悔することも少なくなりますよ。

【井田さんのプロフィール】
井田 幸枝さん
インテリアコーディネーター歴22年 IC21所属。L.A.でインテリアデザインを学び、カリフォルニアスタイル(ホワイトインテリア)を得意とする。手がけた物件は1,000件以上。ホームページはYuuan Design Office


【ガイド関連記事】
インテリアコーディネート力で蘇った古い別荘(1)
極上テーブルで実現 新アウトドアスタイル
自分でできる! 3つの法則で洗面所プチ改造

井田さん推薦の家具はこちらで。
インテリアのプロが勧める子供部屋の家具
新婚生活におススメの家具はコレ
 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。