カシオのデジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」 ― デジタルを遊び倒そう!

現行シリーズとして高速連写のできるHIGH SPEED EXILIMシリーズと、通常のEXILIMシリーズ、タフネスデジカメとなるEXILIM Gシリーズ、そしてケータイライクなEXILIMに大別されています。

EX-TR100

EX-TR100は「きれいに自撮りができる」ということで日本を除いた東アジアで大ブレイクした(EX-TR100 レビュー)。

カシオのコンパクトデジカメの特徴はなんと言ってもデジタルでできることはなんでも遊びに使ってしまおうという部分でしょう。

デジカメでの動画撮影を引っ張ってきたのはカシオであったし、さらにいえば一般向けのデジタルカメラQV-10を世界ではじめて発売したのもカシオでした。

たとえば現行機種の多くに搭載されているHDRアートはかつては複数枚撮影してPC上で合成・編集を重ねなければできなかったような効果を簡単に得ることができるようになっています。ちょっとしたポップアートな画像が撮影できるこの機能は非常に面白いものとなっています。

また、ハイスピードEXILIMに搭載されている高速連写や最高で1000fpsで撮影ができ、手軽にスローモーション撮影が楽しめるハイスピードムービー機能も同様にデジタルカメラならではの機能といえます。

古くからデジタルな家電、文具を作り続けてきたカシオ的なデジタルカメラが現在のEXILIMシリーズといえるでしょう。


おすすめはEXILIM EX-ZR200

2012年4月現在のラインナップ中、フラグシップにあたるEX-ZR200はなかなか面白い機種です。前述のHDRアートやハイスピードムービーに対応しているのはもちろん、デュアルCPUを搭載しているおかげで動画撮影中にも静止画の撮影ができるなどの特徴があります。他にも背景ぼかしなども特筆していい機能でしょう。

そういった撮影が楽しめる機能だけではなく、小型ながら12.5倍のズームレンズを搭載していること、バッテリーライフがCIPA準拠で480枚であるということ、連続撮影が0.27秒間隔であるなど、デジタルカメラとして「使いやすい製品」であることを評価しています。

 

【関連サイト】
・カシオ コンパクトデジタルカメラ 「EXILIM(エクシリム)」



■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。