ハワイアンウエディングは式場選びからスタート

ステンドグラスが素晴らしく、ヨーロッパの古城を彷彿させるセントアンドリュース大聖堂(ホノルル市内ダウンタウン)は、ハワイで最も高いランクの教会。ハワイ王国時代で最も華やかな生涯を送ったエマ王妃が残したもの

ステンドグラスが素晴らしく、ヨーロッパの古城を彷彿させるセントアンドリュース大聖堂(ホノルル市内ダウンタウン)は、ハワイで最も高いランクの教会。ハワイ王国時代で最も華やかな生涯を送ったエマ王妃が残したもの

憧れのハワイアンウエディングを実現するために、まずは、海外ウエディングサイトや雑誌、パンフレットを参考に、どこでどのような式を挙げたいのかイメージすることからスタートしましょう。ハワイアンウエディングのメリットでも触れたように、ハワイでは数多くのシチュエーションで挙式を行うことが可能です。

オアフ島で唯一海が見えるキャルバリー・バイ・ザ・シー教会

オアフ島で唯一海が見えるチャーチ、キャルバリー・バイ・ザ・シー教会

例えば、一口に「教会」といっても、信者のための礼拝が行われるチャーチと結婚式用の礼拝堂であるチャペルに分けられます。チャーチの中でもハワイの歴史にまつわる由緒ある教会、ヨーロッパ風の大聖堂、森の中の小さな教会などタイプはさまざま。一方、チャペルは、祭壇の後ろに海が見えたり、白一色の幻想的な建物だったりと、豪華でスタイリッシュ。式がおわると新郎新婦はフォトツアーへ出発し、その後、ホテルのレストラン等でレセプションパーティを行うのが一般的です。

 

イルカと触れあう人気プログラム「ドルフィン&ユー」(www.irukahawaii.com)でも古典式のウエディングをプロデュース

イルカと触れあう人気プログラム「ドルフィン&ユー」でも古典式のウエディングをプロデュース

また、自分たちらしさを演出したいなら、ホテルのガーデンや邸宅ウエディングがおススメ。挙式からレセプションパーティまで移動なく行えるので、ゲストと一緒の時間をゆっくりと楽しむことができます。最近ではパーティ会場を併設するチャペルも増え、こちらでの挙式&パーティも人気に。さらに、クルーズ船での船上ウエディング、開放的でカジュアルなビーチウエディング、ゴルフ場やテーマパークでのセレモニーなど、アレンジは思いのままです。

式場が見つかり、挙式日を決めたら、希望の式場を扱う手配会社、プロデュース会社をいくつか訪ねてみましょう。以下は、ハワイアンウエディングの手配先、式場が一覧できるサイトです。また、All About 海外ウエディング・ハネムーンでは、海外挙式の基礎知識や段取り、ハワイの最新ウエディング情報を発信しています。ガイドの家倉さんは、ハワイ渡航歴40回以上というハワイ情報通。ハワイ専門のウエディング手配&情報サイト「Real Weddings」の代表でもあります。

<関連リンク>

ローカルに人気のウエディングスポットとは?

ハワイでは一般的なガーデンウエディング。友人が同じドレスを着て参列するのが人気のスタイルなのだそう(画像:ハレクラニ)

ハワイでは一般的なガーデンウエディング。友人が同じドレスを着て参列するのが人気のスタイルなのだそう(画像:ハレクラニ)

外国映画のようなウエディングが演出できるベイヤー・エステイト

外国映画のようなウエディングが演出できるベイヤー・エステイト

地元ハワイのカップルにとって、憧れのウエディングスポットとは何処なのでしょうか? ハワイの新聞、ホノルル・アドバタイザー紙が読者投票で決定するオアフ・ベスト・オブ・ザ・ベスト2009でウエディングスポットの1位に輝いたのは、「ベイヤー・エステイト」。ワイキキから車で東へ約20分、アイナハイナ地区の海辺に建つ歴史あるエレガントな邸宅です。海を眺めながらのガーデンウエディングやパーティなど、自宅にゲストを招いたようなアットホーム雰囲気が人気のよう。ホームページの素敵なビデオは要チェックです。

そして、2位は名門ホテル「ハレクラニ」。3位は、オーシャンフロントのガゼボ(トップ画像)が人気の「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」。オアフで1、2を競うラグジュアリーホテルのウエディングは、地元のカップルにとっても憧れの場所。高級ホテルならではのホスピタリティも支持される理由なのでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。