お土産激戦区!新千歳空港ターミナルビル

北海道の空の玄関口・新千歳空港は、ありとあらゆる北海道土産が手に入るとっても便利な場所です。お土産は、旅の最後にここでまとめて購入する方も多いのではないでしょうか。60を超えるお土産売り場には、迷ってしまうほどたくさんの品がありますが、石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」、カルビーの北海道ブランド・ポテトファームの「じゃがポックル」は安定した人気を保っていて、ここ数年変わらず、定番土産トップ3に君臨しているようです。

どれを取っても美味しさのレベルが高い北海道土産。なかでも、“新商品”や“空港限定商品”であればなおさら、もらった人に喜ばれること間違いなしです。そこで今回は、新千歳空港でしか買えない限定商品の中から、ガイドおすすめの旬な3品をご紹介。旅行や出張、帰省の際のお土産選びの参考にしてみてくださいね。

第3位 美瑛選果「びえいのコーンぱん」

びえいのコーンパン

新千歳空港限定「びえいのコーンパぱん」 5個入り1080円


北海道の真ん中に位置する美瑛町。ここにある農産物の販売店「美瑛選果」が東京の有名ベーカリー「VIRON」(ヴィロン)とコラボレーションして作った空港限定のパン「びえいのコーンぱん」は、これをお目当てに行列ができるほどの人気商品。美瑛産の小麦と乳製品、とうもろこしを練り込んだパン生地の中には、これまたとうもろこしがぎっしりと詰まっています。

びえいのコーンパン

中にはとうもろこしがぎっしり!自然な甘さがクセになります。


水と砂糖は使用せず、スイートコーンの水分と甘さのみで焼き上げたパン。とうもろこしの自然な甘さともちもちとしたパンの食感がクセになります。店内で焼きあげているので、温かい焼きたてをその場で頬張りたいところですが、コーンの甘さを楽しみたい人には、少し冷めてから食べるのがおすすめだそう。付属の保存袋に入れて電子レンジで温めれば、翌日も美味しく食べられます。

売り切れ必至なため、気になるのは焼き上がりの時間。朝8時に1回目が焼き上がり、その後は2~3時間おきに、一日4~5回焼いているそう。飛行機の搭乗時間とタイミングが合えば、是非ご購入を。賞味期限が翌日までですので、自分やご家族、ご近所へのお土産におすすめです。

美瑛選果店舗

美瑛町でとれた新鮮な農産物も販売している


美瑛選果では「びえいのコーンぱん」の他に、5種類の豆を使った「びえいのまめぱん」(5個入り1080円)も空港限定で販売しています。また、美瑛町でとれたトマトやジャガイモ、アスパラガスなどの新鮮な農産物なども取り扱っています。北海道の大地の恵みを、お土産にいかがでしょうか。

<DATA>
美瑛選果「びえいのコーンぱん」 5個入り 1080円

【販売店舗】
JAびえい 美瑛選果 新千歳空港店
場所:新千歳空港国内線ターミナルビル2階
営業時間:8:00~20:00
電話番号:0123-46-33000123-46-3300
HP:www.new-chitose-airport.jp/ja/spend/shop/s61.html