キャンペーン金利、1年物で0.4%超えは見つからない

2014年12月4日の記事で冬のボーナスキャンペーン第1弾をご紹介させていただきました。約2週間が経過したため第1弾でご紹介できなかった金融機関を中心に見ていくことにしましょう。

第1弾では始まっていなかかった住信SBIネット銀行は、2014年12月15日から2015年4月5日までという長きにわたり「冬の円定期預金特別金利」を行っています。気になる金利は6ヵ月物=0.20%、1年物=0.20%とソニー銀行の水準と同じでした。

大和ネクスト銀行は「12月限定!年末特別金利キャンペーン」を12月30日まで行っています。3ヵ月物=0.50%、6ヵ月物、1年物=0.32%となっています。今冬のキャンペーンでは高めの金利ですが、最低預入金額は300万円以上、3ヵ月物の場合には、新たに大和ネクスト銀行に新規口座を開いた人限定とハードルがやや高いことが難点と言えそうです。

静岡銀行のインターネット支店では、2015年2月28日まで「円貨定期預金ウルトラ金利」が行われています。金利は1年物、3年物=0.33%と高めの金利を提示しています。最低預入金額は10万円からです。

池田泉州銀行では「池田泉州銀行誕生5周年」カウントダウンキャンペーンとして、2015年3月31日までダイレクトプラス定期1年物=0.325%としています。ダイレクトプラス定期とは、同行のインターネットバンキング、テレホンバンキングのみで利用できる定期預金です。

地域密着の信用金庫の金利は?

北海道の日高信用金庫では、2015年7月31日まで「ひだかしんきん健康サポート預金」を扱っています。健康サポート定期預金は、1口10万円以上、100万円以内。預入期間は1年で、同期間のスーパー定期300以下の店頭表示金利に0.30%が上乗せされます。2014年12月18日現在だと0.325%になります。

もう一つが、健康サポート定期積金で、毎月5000円以上3万円以内の積立、契約金額は6万円以上180万円以内(契約期間は1年以上5年以内)。こちらも店頭表示利率に0.30%が上乗せされます。2014年12月18日現在では、契約期間3年未満では0.325%、3年以上では0.33%になります。積立ではかなりの好金利と言えます。

兵庫県の姫路信用金庫では、「ひめしん五つ星ひょうごギフト積金」を2014年12月30日まで取り扱っています。毎月の掛け金3万円、払込期間(積立期間)3年(36回)を契約すると、五つ星ひょうご(2013年度)より厳選した8品目(のり、アーモンドバター、六甲サイダー、梨のシロップなど)から1つを選んでプレゼントされます。

地域密着型の信用金庫は皆さんのお近くにもあるはずです。全信用金庫をカバーしているわけではありませんので、お近くの信用金庫をのぞいて見れば意外なお宝預金が見つかるかもしれません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。