シュノーケリングで東南アジアの離島の美しい海を体験!

東南アジアのシュノーケリング

海の中ではどんな出会いがあるのかな?

美しい海に囲まれた東南アジアの中でも、バリのレンボンガン島、タイのピピ島、フィリピンのセブ島は人気のシュノーケリングスポット。出会える生き物の種類は数多く、ニモで有名なクマノミからマンタ、ジンベイザメ、運が良ければウミガメに会えることも?! 無数の熱帯魚や海の生き物たちに囲まれる時間は思わず現実を忘れてしまいそうなほどです。

シュノーケリングは透明度がとても大事です。大陸から離れれば離れるほど透明度の高い海が多くなるのですが、離島までのボート手配、島に着いてからの足など、一人で手配するには面倒なことが多いのが事実。ツアーなら送迎や往復ボート、ランチ、シュノーケリング道具など、シュノーケリングを楽しむために必要なアイテムが全部用意されているのでとっても楽チンです。何かあった時のために日本語ガイド付きのツアーも多いので安心ですね。幾つかの離島を一日で周るアイランドホッピングやバナナボートなどのマリンスポーツと組み合わせが出来るツアーなど、豊富な種類のシュノーケリングツアーがあるのも魅力です。

東南アジアの離島シュノーケリングおすすめツアー

トロピカルな熱帯魚と一緒に泳ぎたいけど、ダイビングは器材も大掛かりでちょっと勇気がいる...マスクをかぶって海に漂っているだけで珊瑚や魚たちに出会えるシュノーケリングは、初心者にも上級者にもとってもオススメなアクティビティ。マスク越しに見える色とりどりの珊瑚礁に住む海の生き物たちを覗きに行きませんか?

■手付かずの離島 レンボンガン島
熱帯魚に囲まれる海の中

カラフルな無数の熱帯魚に囲まれる海の中はまるで楽園のよう

バリ島からスピードボートで約30分の近さに位置するレンボンガン島ですが、人工的な港が一切作られておらず、自然が残る手付かずの島。遠浅のビーチなので、ベストシュノーケリングスポットはボートで少し沖に離れた浮島。そこからドボンと海に潜ると鮮やかな珊瑚や魚たちに出会えます。レンボンガン島は海の森と言われる神秘的なマングローブの森も有名なので、ぜひシュノーケリングの前後に訪れたいスポットです。

■透明度にびっくり シミラン諸島&ピピ島シュノーケリング
ニモで有名なクマノミ

ニモで有名なクマノミ

映画「ザ・ビーチ」の舞台でも知られるピピ島でのシュノーケリングはプーケット人気No.1。プーケットからスピードボートで約1時間離れた島は神秘的な奇岩が多く、水中だけでなく顔を上げても美しい景観を楽しめるのが魅力。また国立海洋公園に指定されているシミラン諸島は世界有数のダイビングスポット。水深数十メートルの海底が見渡せるほどの海は、可愛いクマノミが生息。慣れてきたらぜひ素潜りにも挑戦したい場所です。  


■ジンベイザメとの出会い セブ島シュノーケリング
ウェールシャーク

一緒に泳げるなんて夢のよう…

7107もあるフィリピンの島々の中で随一のリゾート地、セブ島。多くの魚が生息しているので人気のダイバースポットしても知られています。世界でもレアなジンベイザメシュノーケリングが有名で、地球上でもっとも大きな魚とのシュノーケリングは迫力満点! プランクトンが食性なので子供にも安心のツアーです。また、内海なので波が穏やかな珊瑚の海洋保護区であるヒルトゥガン島のシュノーケリングも息を飲むほどの美しさです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。