高倉健さんと菅原文太さん。昭和の名俳優が相次いで亡くなられました。ブレイクしたのは『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』などの東映任侠路線に『仁義無き戦い』の実録路線。その後も単なる俳優というより「映画俳優」といった方がふさわしいお二人ですが、テレビドラマの出演もないわけではありません。テレビドラマの代表作を見て追悼していきたいと思います。


現在にいたるイメージ

高倉健さんのテレビドラマ出演作は5作のみ。しかも最初に出演した作品『ぼんぼん頑張る』はデビュー早々なので、一般の人が認識した「高倉健」としては4作です。これだけ少ないとガイドは、見たときの記憶がすべて明確に残っています。

77年のTBS金曜ドラマ『あにき』が唯一の主演連ドラ。下町が舞台の人情ドラマで鳶の頭・神山栄次役、脚本に倉本聰。

10月7日放送開始で、『幸せの黄色いハンカチ』が同年10月1日公開とほぼ同時。東映を退社しフリーになったのが76年。退社後第一作は76年の『君よ憤怒の河を渉れ』、続いて77年の『八甲田山』。そして『黄色いハンカチ』と『あにき』。任侠路線にかわる高倉健イメージはこの二作がスタートといっていいでしょう。

 

コワモテは妹萌え?

鳶の神山組の小頭は倉本ドラマ初登場の田中邦衛、若い衆に小林稔侍、阿藤快らがいます。『あにき』のタイトルは鳶の若い衆にとってのアニキであり、妹(大原麗子)もいて兄妹の兄とのダブルミーニング。

ストーリーは地域一帯の立退き問題を中心に、恩人の娘(秋吉久美子)に栄次が惚れられる、男性恐怖症の妹の結婚問題の心配などがからみます。

倉本聰脚本では前年の76年に放送された『大都会 闘いの日々』でも、黒岩刑事(渡哲也)が妹(仁科亜季子)を心配していて、妹萌え?パターンが共通しています。

他にも山田太一脚本、ギャラクシー賞奨励賞受賞の『チロルの挽歌』、早坂暁脚本で今年、高橋克典主演でリメイクされた『刑事 蛇に横切られる』、民放連賞最優秀賞の『これから 海辺の旅人たち』とあり、いずれも珠玉の作品ですが、やはり連ドラの『あにき』がテレビドラマでの代表作でしょう。

次は「反骨の人