北海道のグルメは「海鮮丼」抜きに語れない

札幌ラーメン、ジンギスカン。男爵、とうきび、スープカレー……北海グルメ数々あれど、やっぱりウニ、カニ、ホタテなどなど「海の幸」を抜きに北海道のグルメは語れません。もちろん札幌や函館街中のしかるべきお店でお刺身や寿司をいただくというのは「海鮮グルメ定番コース」ですが、やはり気になるお財布の中身。

という訳で、今回は極美味&激安で新鮮な北海道の魚介を堪能することができる裏技メニュー・北海道の海鮮丼をご紹介いたします。

undefined

北海道はやっぱり海鮮グルメ。でも気になるお財布の中身…
 

小樽・海鮮丼屋 小樽ポセイ丼

港町・小樽の名物と言えば、まず頭に浮かぶのは寿司でしょう。町中には、北海道ミシュランガイドで☆ランキングされた握郡来膳(にぎりくきぜん)伊勢鮨を筆頭に宝寿司おたる政寿司など有名店がひしめきあっていますが、その中でコスパ感いっぱいのワンコイン丼を掲げて健闘しているお店、「海鮮丼屋 小樽ポセイ丼」をご紹介します。

undefined

小樽ポセイ丼堺町総本店


まずは当店名物、そのお値段は今時ビックリ500円(消費税別)のワンコイン丼。安いと言っても侮るなかれ。ネタは朝一で漁港から仕入れたピチピチの魚介を使っています。メニューもサーモンとホタテをのせた「運河丼」からまぐろの「海鮮づけ丼」、「海鮮とびっこ丼」などバリエーションも豊富。こちらのオーナー・木村さんによると、「お小遣いが少ない修学旅行生に小樽名物の新鮮な魚介を食べさせてあげたい」という先代社長さんの思いからこのワンコイン丼が誕生したとか。どんぶりにのせられたジューシーで肉厚のサーモンとホタテの中に「先代の熱い想い」がたっぷり詰まっていました。

undefined

ワンコインの運河丼


ワンコイン丼以外にも、うに入りおまかせ丼、よくばり海鮮丼などなどメニューを見ているとつい目移りしてしまいますが、木村さんのお薦めで店の名前そのままの「ポセイ丼」をいただきました。

undefined

小樽の魚介が満載、ポセイ丼


何でも地元・北海道新聞社主催「これ食べたい賞」を受賞したメニューとのことで、ウニ、カニ、エビ、イクラ、ホタテなどなど豪華キャスト(笑)が勢揃いで2100円(消費税別)はコスパが高すぎる! 見た目もボリューム満点なこのどんぶり、最初は味わいつつなんて思いながら上品に食べ始めましたが、カニ、イクラ、ウニと食べ進むうちにだんだんお箸のピッチが早まり、あっという間に完食してしまいましたよ。

海の王様の名前をつけたこのポセイ丼、まさに港町・小樽の味が凝集された一品と言えるでしょう。

場所
小樽市堺町4-9 
問合せ先
小樽ポセイ丼 境町総本店  0134-61-1478
ホームページ
http://www.otaru-poseidon.jp/