上質なスイーツとの出会いが待つ、甘いもの好き必訪のにし茶屋街

外観@カカオサンパカ

にし茶屋街に出店したカカオサンパカ。東京や大阪では見られない、和洋が見事に調和した素敵なお店に仕上がっています。

金沢に来たら、ひがし茶屋街は必須。ついでに主計町茶屋街にも足を運んで。そんな旅行者が多いと思います。中心部から少し外れているせいであまり目を向けてもらえないにし茶屋街ですが、実は他では味わえないスイーツが集まる魅惑のスポット。

スペイン王室御用達の高級チョコレートブランド「カカオサンパカ」が出店していたり、全国区の知名度を誇る甘納豆の唯一の店舗があったり。足休めができるカフェも増え、今回はその魅力を余すことなくお伝えします!

チョコホリック待望のカカオサンパカが金沢にし茶屋街にお目見え

王のカカオ「ショコヌスコ」の濃厚チョコレートケーキ@カカオサンパカ

かつては王様しか食べられなかった伝説のカカオ、レアルクリオロ種の「ショコヌスコ」を使用した「王のカカオ「ショコヌスコ」の濃厚チョコレートケーキ(1,000円)」。

2009年に東京に進出して以来、日本でもあっという間にファンを獲得したスペイン王室御用達のショコラテリア「カカオサンパカ」。

世界一予約がとれないと言われた伝説のレストラン「エル・ブリ」のパティシエを始め、多数の有名クリエイターが設立に携わっているカカオサンパカが東京、大阪に続いて出店先に選んだのが北陸新幹線開業で注目を集めている、ここ金沢です。
店内@カカオサンパカ

ボンボンショコラのラインナップ(1個390円、4個1,836円、8個3,672円、16個5,940円)

中でも特に古都の風情が色濃く残る場所として、にし茶屋街に白羽の矢が立ちました。スタイリッシュでモダンな他店舗とは一線を画し、昭和初期のお茶屋を利用した建物は随所に“和”が感じられ、仄かに艶が薫るしっとりと落ち着いた大人な雰囲気。

チョコレートには催淫効果があると言われていますし、そう考えると花街に店を構えるというのは理に適っているのかもしれませんね。
サンパカ パフェ ショコラ@カカオサンパカ

カカオサンパカの魅力が凝縮した、究極のチョコレートパフェ「サンパカパフェ ショコラ(1,200円)」。

1階がショップ、2階はカフェバールになっており、チョコレートを使ったデザートやドリンクのほか、タパス、スペイン産ビールやワインなどのアルコール類も提供。

ショップにはスペインから空輸されるボンボンチョコレート、板チョコを始め、チョコレートスプレッドやチョコレート菓子まで常時60種類以上が美しく並べられ、どれにしようか迷うほど。
サンパカ パフェ カスターニャス@カカオサンパカ

マロンづくしの「サンパカ パフェ カスターニャス(1,200円)」。栗好きにはたまりません…!

また、誰でも気軽に参加できるお茶会やチョコレートと地酒のコラボレーションなど、金沢ならではのイベントも折々に開催しているので、興味がある方は店舗までお問い合わせを。

カカオサンパカ
住所:〒921-8031 金沢市野町2-24-2
TEL:076-256-3338、090-9444-6638(カフェ予約専用)
営業時間:月~土11:00~22:00 / 日11:00~18:00
定休日:不定休