なにげないスタート地点の蛇崩川緑道

商店街の散歩は駅からすぐにスタートだが、緑道散歩はたいてい駅から少し離れた場所がスタート地点になる。というわけで、まずは、駒沢大学前駅を下車。玉川通りを北へ。駒沢中学を目指して歩き、弦巻通りに出る。世田谷区のホームページによれば、この画像のあたりが蛇崩(じゃくずれ)川緑道の最上流。

何気ない緑道のスタート地点だった

蛇崩川緑道最上流 世田谷区駒沢二丁目41番付近


上の画像では、右側の信号のある道が弦巻通り。左側は緑道のスタート地点。何気ない場所で、看板などは見つからなかった。この地点から後ろを振り返ってシャッターを切るとこんなかんじ。

歩道部分はここで終了

弦巻通りの歩道となっている緑道


ここまでは、緑道が弦巻通りの歩道となっているようだ。ここでいいのかなと思いながらも、住所はあっているようなので、ここから緑道散歩をスタートしよう。

歩きやすい細い道が伸びている

実に何気なくスタートする緑道がいい


すぐに公園があった。公園と緑道が合体している。この蛇崩川緑道は公園と一体化しているところが多い。公園を抜けると、樹が茂り、その間を抜けていくというかんじの、まさにこれぞ、緑道というかんじの細い道が続いている。

鳥のさえずりくらいしか聞こえない

これぞ緑道という感じで樹木が茂る一本道


住宅街の中を進んでいく緑道に、これはいい緑道だという予感のようなものがあった。最初のうち蛇崩緑道は弦巻通りと平行して進み、世田谷郵便局あたりで玉川通りと交差し、野沢公園付近から目黒区に入る。

次ページでは緑道沿いにあったレストランに入ります