私はよく、これから「家を建てたい」、あるいは「買いたい」という方とお話をする機会があります。その際に「どこから手に付けていいのか分からない」、あるいは「どこに注目してどう考えればいいのか分からない」という声を耳にします。そこでそうした思いを持つ方々向けに「チェックシート」を作ってみました。

注文住宅、分譲住宅、土地探しの3タイプを用意

まちなみ

住宅の取得の中には、注文住宅、分譲住宅、分譲マンションなど様々な選択肢がある。20年、30年後も見据えた慎重な検討がより良い住宅取得には大切だ

そもそも住宅の取得の中には、注文住宅、分譲住宅、分譲マンション、あるいはストック(中古)住宅などという選択肢があり、その中でどれを選択するかも決まっていないという方もいらっしゃると思います。ここでは、私が専門とする戸建て住宅に関わる以下の三つのチェックシートを用意しました。
  • 注文住宅編
  • 分譲住宅編
  • 土地探し編
なお、それぞれで説明する内容には関連がありますので、できましたら全てお読みいただけるとより理解が深まると考えています。

まず私がなぜチェックシートを作成し、皆さんに使っていただきたいかについて書いておきます。狙いは大きく二つがあります。

  1. チェックすべき項目が何なのか、を理解する
  2. 理解した上で印象を数値化し、明確化する

住宅を「見る目」を養おう!!

見学会

現場見学会の様子。このような機会にチェックシートを持って行き、様々な角度から検討されることをお勧めしたい(クリックすると拡大します)

まず(1)について。チェックシートを活用することで、「何を見ればいいのか」を確認していただくことができると思います。リストの項目は多岐にわたりますが、満足度が高い住まいを取得したいのなら、本当はこれだけのことに注目すべきなのですよ、というのが私がシートに込めた想いです。

実際、私がジャーナリストとして住宅を評価する際、ざっとこれくらいの内容をチェックして、「これはいい住宅だな」「これはイマイチだな」などと評価しています。今回のシートはその項目を列記したかたちです。

それぞれの項目について、最初は理解できなくても大丈夫。住宅を「見る目」を養うことが第一です。そして、そろそろ購入物件を決めようという方にとっても、このようなチェックリストがあると注目すべきポイントの見落しをする可能性が少なくなります。このあたりが(1)に関する狙いです。

次のページでは(2)について説明します。