エスクァイアとはどんなミニバン?

トヨタ・エスクァイア

エスクァイアは5ナンバーボディのみで、全長4695×全幅1695×全高1825mm。2.0Lガソリンと1.8L+モーターのハイブリッドを設定する


ヴォクシー/ノアの兄弟車として登場したトヨタ・エスクァイア。トヨタ店、トヨペット店という高級チャネルで発売されることから販売店側から強い要望があったのが予測できる。

先に登場したヴォクシー/ノアとの違いは、3ナンバーのエアロボディを設定せずに5ナンバーボディのみという点で、内・外装ともに高級感を演出し、最も分かりやすいのがフロントグリルは高級感だけでなく、上級のヴェルファイア/アルファードに負けない押し出しの強さを打ち出しているところだろう。
トヨタ・エスクァイア

フードモール、ヘッドランプ、グリルサイドメッキモールを一体に見せるT字型フロントグリルで、バンパーやヘッドランプはヴォクシーと同じというのは驚かされる


真っ正面から顔つきを見ると迫力十分で、この顔つきにヴォクシー/ノアのワイド(エアロ)ボディがあればさらにインパクト大になるのは間違いないが、ヴォクシー/ノア/エスクァイアが属する「5ナンバー・ミニバン」というカテゴリーと価値の中で、デザインで高級化を図り、エスクァイアの特徴を際立たせるのが狙いだったそうだ。

「あれもこれも」欲張って、ヴェルファイア/アルファードに「近づく」ことも避けたいのもあったという。

迫力あるフロントマスクに工夫あり

トヨタ・エスクァイア

テールゲートのリヤウインドウとどうかしたかのようなバックドアガーニッシュが印象的で、浮いているように見えるバックドアガーニッシュ部はブラックアウトされており、「広く見える」工夫がされている


さて、「デザイン」で高級化を図っているエスクァイアは、ヘッドライトやバンパーはヴォクシーと同じで、グリルでこの迫力を出しているのはデザイナーの苦労がうかがえるもの。

サイドのベルトモールをステンレス製とし、アウタードアハンドルはメッキ加飾とすることで、全体を引き締めている。さらにリヤは浮かんでいるように見えるリヤウインドウのサイズは変えずに、フロントウインドウ下側をブラックアウトとすることで、ウインドウを大きく見せる、つまり「広く見える」工夫がされている。
トヨタ・エスクァイア

最も目を惹くのは、助手席前の大型トレイとドアトリムの合成皮革で、ステアリングとシフトノブに黒木目調加飾、クラスターをピアノブラック調として高級感の演出に余念がない


インテリアは、グローブボックス上の大型オープントレイからドアトリムとの一体感を抱かせる合成皮革、「Gi」に設定される黒木目調加飾のステアリング、本革巻シフトノブ(ガソリン車)など、細部にわたり質感向上が図られている。

しかし、乗り味に関してはヴォクシー/ノアと同じで、高級感という付加価値こそがエスクァイアの特徴であり魅力になっているから、走りが同じならヴォクシー/ノアで十分という方はヴォクシーかノアを指名すればいいわけだ。

次ページは、エスクァイアの走りについて