昔から伝わる民間療法が、手軽なお土産グッズに!

マレーシアのお土産はたくさんありますが、今回はマレーシアの伝統と技が活きたアイテムを紹介します。500年以上の歴史が作りだしたランカウイ島名産のなまこ石鹸、インスタント麺マニアのブロガーが「世界で一番おいしい」と絶賛したインスタントカレー麺、マレーシア王室御用達のスパグッズ。どれも長年伝わってきた伝統の技や味を現代風に商品化したもので、マレーシアらしさを追求したアイテムです。

お土産1 ランカウイ島で生まれた、なまこ石鹸

なまこ石鹸

なまこはマレー語でGAMAT=ガマ。ガマソープとも呼ぶ。もともとはランカウイ島の名産品だが、最近ではクアラルンプールでも販売。香り付でカラフルな色のものもある

なまこには強い再生能力があり、ランカウイ島では500年以上も前から、キズや火傷に効く万能オイルとして珍重されていました。そのオイルを配合して作られたのがなまこ石鹸。肌にやさしい天然成分で、保湿効果が高いのが特徴。手洗いだけでなく洗顔に使えます。ラベンダーやジャスミンのいい香り付きのものは、リラックス効果も抜群。なまこ石鹸というインパクトのあるネーミングで、もらった人のリアクションも楽しめます。クアラルンプールでは、パサール・セニ駅近くの「セントラルマーケット」や、ブキビンタンのお土産ショップ「ジャディバティック」にて購入可。値段は1個8~12リンギット(約280~420円)です。

お土産2 女性に人気のスパグッズ、タナメラ

タナメラ

伝統的な薬草、ハーブ、フルーツの調合によって作られた天然由来のヒーリング・スパグッズ。洗練されたパッケージも人気

マレーシア王室御用達のスパグッズ「タナメラ」。薬草、ハーブ、フルーツを使った100%天然由来のスパグッズです。クオリティが高く、マレーシア在住の日本人にも人気のブランド。エッセンシャルオイル、マッサージオイル、スクラブ、ボディクリーム、ヘアケア商品など種類が豊富で、「セントラルマーケット」にタナメラ商品の専門店があります。値段はエッセンシャルオイルで26リンギット(約910円)より。パッケージもお洒落で、女性へのお土産にぜひ。

お土産3 ブロガー絶賛のインスタント麺、ペナンホワイトカレー麺

ペナンホワイトカレーヌードル

アメリカ人のブロガーが“世界で一番おいしいインスタント麺”と評したことから、マレーシア全土で話題になった「ペナンホワイトカレーヌードル」

お国柄がでるご当地インスタント麺は、バラマキ用お土産にぴったりです。このペナンホワイトカレー麺は、麺マニアのアメリカ人ブロガーが「世界で1番おいしい」と評価したことで話題に。もともとはペナンだけで売られていた商品でしたが、瞬く間にマレーシア全土に広がり、クアラルンプールの大手スーパーにて特設コーナーができるほど。味は、ココナッツミルクの効いたコクのある激辛スープで、スパイスの香りもぷんぷん。インスタント麺にも関わらず、コシのある麺の食感もポイント高し。トッピングは、ゆで海老、ゆで卵、油揚げがおすすめです。値段は約7リンギット(約245円/4個)、一般のスーパーで購入できます。

お土産4 煮物のコク出しに ご当地調味料のグラマラッカ

グラマラッカ

グラマラッカ。みたらし団子の餡の味に通じるコク深い甘み。マレーシアのお菓子作りには欠かせない砂糖

グラマラッカとは、マラッカ産の砂糖のこと。インドネシアやタイでも使われている椰子砂糖で、コクのある甘みが特徴です。煮物やお菓子に使うと、奥深い味をプラスしてくれます。グラマラッカは写真のように固形で売られていてかなり硬く、包丁で断面を削りながら使います。火にかけて液体状に溶かしておくのも手。一般のスーパーで購入可能で、値段は5リンギット(約175円)~。

お土産5 マレーシア伝統の素朴なおやつ、ドドル

ドドル

ドドルはマレーシア人に人気のおやつ。マレーシア人の友人は、冷凍で保存し、食べるときには表面を軽くフライパンで焼いてから食べるという

アジア好きやマレーシア人への“通”向けお土産を探しているなら、ドドルをおすすめします。ドドルはたとえるなら、やわらかな羊羹。三角錐と棒状の2つのタイプがあり、三角錐はひと口サイズ、棒状のものは適度に包丁でカットしていただきます。甘すぎない素朴なおやつですが、実はフレーバーが強烈。ドリアン味の羊羹なのです。鼻につーんとくる匂いが、ドリアン好きにはたまらない!反対にドリアン嫌いには苦痛をともなう本格派。ドリアン以外にも、ココナッツ味、パンダン味があるのでご安心下さい。一般のスーパーで購入可、1箱10リンギット(350)円ほどです。

お土産6 上質でリーズナブル。マレーシア人の日常に欠かせない中国茶

茶葉専門店

チャイナタウンにある「SHIQUAN」。オーナーのワンさんが店にいれば、お茶の淹れ方を実演して教えてくれる。ガイドは来馬するたびにここで購入

人口の約25%を占める中国系マレーシア人にとって、お茶は毎日の生活に無くてはならないもの。そのためマレーシアでは、上質な中国茶を比較的安価な価格で購入することができます。お茶好きなら茶葉専門店にぜひ! 日本で買うのに比べると半額程度の値段ですよ。

チャイナタウンの茶葉専門店「SHIQUAN TEAART」は、福建省や台湾から茶葉を仕入れています。人気の商品は、緑茶にジャスミンの香りをつけ、粒状にくるりと茶葉を巻いたジャスミンパール茶22.90リンギット(約800円)、エネルギー不足を補ってくれるジンセン烏龍茶22.90リンギット(約800円)、6年発酵させたプーアール茶38リンギット(約1330円)。香りのいいキンモクセイの花びらの茶葉や中国茶器も販売しています。

さて、今回紹介したのは、どれもマレーシアならではのアイテムかつ、“使える”お土産です。自分用にも購入して、ぜひ帰国後もマレーシアを思い出して下さい。

定番のお土産紹介はこちら>>>クアラルンプールのお土産