独立したきっかけは・・・・

FP講演

女性向けセミナーの風景

内村しづ子さんがFP資格を取得したのが、2007年。仕事をスタートさせたのが2010年。出産後、株式投資を始めたこともあり、日常生活でも使えるお金の勉強ということでFPを取得されたそうです。それが、長男の入園のタイミングで、思いがけず園ママ向けのフリーペーパーでコラム執筆をさせていただくことになり、お仕事がゆっくりとスタート。

フリーペーパーつながりで、ハウスメーカーでの住宅資金セミナーの講師の依頼もいただくようになり、「ママ目線でのママ向けの講座は需要がある!」と確信されたとのこと。と同時に、自分も含めママたちこそお金の知識が必要と感じたそうです。マネーセミナーというと、堅苦しいイメージがあったので、「パン教室に通うように、気軽にマネーセミナーにも通ってほしい」と思い、自宅やカフェを会場とすることで、マネーセミナーそのものの敷居を下げようと奮闘。

そこで始めたのが、当時は茨城ではめずらしかった、おうち教室。自宅のリビングを使ったお子様連れOKの「マネーサロン」を始められました。季節に合わせて、ちょっとだけリビングをディスプレイしたり、庭の花を飾ってやさしい雰囲気を作ったり。テーマも保険・住宅資金・教育費など、ママの知りたいものに絞って、毎月開催。さらに、地元で人気のカフェ(個室)や住宅展示場をお借りして、自宅サロンよりも気軽に参加できる「マネーカフェ」も毎月開催しました。

現在も茨城県を中心に活動されています。最近は、県や市町村主催のセミナー講師としても声をかけていただくことが多くなったそうです。そして、そこから新たにお客様とのご縁がつながっていきます。また、マネーサロンを始めた当初からお客様が、数年後に保険や住宅ローンなどのご相談で再度ご連絡いただくことも多くなり、まさに地元密着のマネークリニックになりつつあります。

今後は、子供のマネー教育も意識して、まずはママたちに経済や投資への関心を持ってもらえるような機会を作っていきたいとのこと。県内を中心に、たくさんの女性に向けて、楽しくシンプルなマネーセミナーを開催されるようですので、今後のご活躍に注目です。

FP内村しづ子さんの一日に迫る

さて、内村しづ子さんの普段の一日における仕事内容をお聞きしたところ、下記のようなスケジュールとのこと。

午前5時 メールチェック、セミナー資料作成
午前8時 子どもの見送り、家事
午後10時 セミナー講師
午後1時 個別相談
午後5時 子どものお迎え・家事
午後10時 就寝

子どもとの生活を第一に考え、合間をぬいながらFPとして活動されています。お子様をもつお客様と同じ生活スタイルとなることから、空き時間に相談を受けることでお客様にとっても好都合となっているようですね。

今回の取材を通じて分かったこと

子どものマネー教育だけではなく、ママたちへの経済、金融教育も行う内村さん。朝早くからバリバリお仕事される日もあるようです。今後も茨城県内を中心に活動されるそうですので、茨城県の方は金銭教育や子育てにおけるマネー関連の相談を中心に内村さんにご相談されるとよいかもしれませんね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。