角だしは粋を演出する帯結び

この帯結びは粋な感じを演出するので、あまり固い場面よりもどちらかといえば遊びの要素が大きい場面での帯結びです。以前は年齢が高い人向きと言われていましたが、現在ではアンティークなどの色柄の華やかなものであえてこの帯結びをして小粋な雰囲気を出すというのも、個性的で素敵です。

準備するもの

  •   帯
  •   帯揚げ
  •   帯締め
  •   帯板
  •   帯枕(薄めのもの)
  •   仮紐(お太鼓を作る時に一時的に使う紐。1本)

帯の名称

一般的な名古屋帯のかたち

一般的な名古屋帯のかたち

名古屋帯は胴に巻く部分が半分に縫ってあり、細くなっているものが多い。胴に巻く方の先を「手先」、お太鼓の一番下にくる方を「たれ先」という。 また、帯を巻く時は基本的に帯の「輪」になっている方を下にして巻いていく。

 


角だしの結び方

手の長さはお太鼓結びと同じ

手の長さはお太鼓結びと同じ

1:手先を左肩に掛け、長さは左肩からウエストくらいにとる。

 

名古屋帯は帯板をひと巻き目に

名古屋帯は帯板をひと巻き目に

2:ひと巻き目に目に帯板を入れ、胴にふた巻きする。

 

帯山はしっかり広げてから作る 

帯山はしっかり広げてから作る

3:後ろでたれを折り上げて仮紐を掛け(参照:お太鼓結び)、たれをきれいに広げから仮紐から約35cmのところに帯山を作る。

 

手をのせる時は輪が下にくるように

手をのせる時は輪が下にくるように

4:帯山と仮紐の間に手を、輪が下になるようにのせる。

 

手を右手で押さえながら

手を右手で押さえながら

5:帯山を片手で上から持って、帯枕を入れ、手を押さえながら包み込むようにして帯枕を背中に当てる。

 

帯枕はまっすぐのせる

帯枕はまっすぐのせる

6:この時、両側から出る手はだいたい5cmくらいがキレイ。

 

余分を整えることでお太鼓の形がキレイに仕上がる

余分を整えることでお太鼓の形がキレイに仕上がる

7:帯枕の下の余分を、下側がホームベース状になるように整えて(参照:お太鼓結び)、帯揚げをかける。

 

お太鼓の部分は少し長めにとる

お太鼓の部分は少し長めにとる

8:たれの裏側に帯締めを当てて、お太鼓の大きさを決める。お太鼓の大きさは、胴に巻いた帯の下側より約5cm下がったところに。

 

折り上げた部分がお太鼓の部分のボリュームになる

折り上げた部分がお太鼓の部分のボリュームになる

9:帯締めのところでたれを折り上げてたれ先を約7cm出し、余分は手の下側へ入れ込む。

 

お太鼓の下側に丸みをもたせる

お太鼓の下側に丸みをもたせる

10:両手でお太鼓をすくい上げるようにして帯締めを前にまわす。この時に、お太鼓から出ている手の左右の寸法が同じくらいの長さになっているか確認する。もし長ければ、手元(左側)の中側へ折りこんでおく。

 

ふっくらした感じに仕上げる

ふっくらした感じに仕上げる

11:お太鼓に丸みをもたせるように形を整え仮紐を抜いて完成。










仕上げ方のコツ

全体的にふっくらとした感じに仕上げ、特にお太鼓部分の下側に立体的に丸みを帯びた感じにするために、あえて薄めの帯枕を使っています。帯締めを前に回す際に、すくい上げるように丸みを持たせるのがコツです。

【結び方のバリエーション】
名古屋帯/お太鼓結び

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。