成田空港の第1ターミナル4階「エアポートモール」の魅力をご紹介

mall

成田国際空港の第1旅客ターミナル4階でリニューアルオープンした「エアポートモール」。国内外の人気ショップ、レストランなど70店以上がそろいました。(提供:成田国際空港株式会社)


日本を代表する空の玄関口、成田国際空港。近年はLCC(格安航空会社)も次々と就航し、国際線だけでなく国内線の路線ネットワークもどんどん充実しています。その成田空港の第1ターミナル4階にある商業施設「エアポートモール」がリニューアルし、2014年7月にグランドオープンしました。

以前からある人気店に加え、レストランやショップなど新たに出店した店舗も多く、飛行機で旅に出る前の楽しみがアップしました。また、エアポートモールは、出国手続き前のエリアにあるので、空港に遊びに来て楽しむのも、もちろんOK。今回は、新しくなったエアポートモールの魅力をご紹介します。


買って食べて楽しめる!「エアポートモール」


chirashi

2014年7月にグランドオープンした「エアポートモール」の魅力がわかるチラシをターミナル内で配布しています。

2014年7月にリニューアルした、成田空港第1ターミナルのショッピングエリア「エアポートモール」。新たに出店した店舗が27、そのうち国内空港初出店が22と、日本人はもちろん、外国人の観光客やビジネス客も利用しやすい70以上ものショップ、レストランが集まりました。

ショップでは、ファッション雑貨やトラベル用品、キャラクターグッズ、和雑貨など、普段使いからお土産選びも楽しそうな店舗が幅広いジャンルでそろいました。その中で、「ユニクロ」「MUJI to GO 無印良品」といった旅行の出発前に駆け込むのに便利な人気ショップも健在。両替やATMなどがある銀行、郵便局、携帯電話がレンタルできるカウンターもあります。

レストランでは、和食から洋食、中華、ラーメン、ファーストフードまでニーズに応じて選べるお店が並びます。特に、パスタとケーキを川越達也シェフがプロデュースしたカフェ「ザ・ターミナルカフェ アスペラ」と、カジュアルフレンチと自然食がコンセプトの「CAFE&DINING N’s COURT」は、今回新規オープンしたレストランです。

帰国して日本食が恋しくなったら寿司やそば、小腹が空いたらスープやカフェなどもあります。空港で味わえるとっておきの「グルメ選び」も、とても楽しくなりました。


空港初出店ショップ おすすめをピックアップ

iori

今治タオル専門店「伊織」。タオルに名入れサービス(有料)も行っています。


空港初出店の「伊織」は、今治タオル専門店。贈り物にもピッタリ、また出産祝いやビジネスシーンにも気軽に使える、高品質な今治タオルが300種類以上そろっています。その中で、伊織オリジナルのAIRシリーズは、旅行に役立つアイマスクやフェイスタオルなど、空の旅をイメージしたデザインで、肌触りも抜群にいい今治タオルです。

伊織では、このショップで販売する今治タオルの名入れ刺繍を行っています。出産のお祝い、誕生日、引き出物など向けにオリジナルのタオルをその場で作ることができます。後日発送もできますから、旅行の出発直前に立ち寄っても安心です。