秘境ラジャアンパットでびっくり!

ラジャアンパットってどんなところ?

海をボートで渡っていると、島のところどころに小さな村が


”秘境の楽園”、”種の工場”とも呼ばれるインドネシア、西パプア州のラジャアンパット。ここでは実際に訪れてみた体験をお届けしようと思います。

 


パラオのようなサンゴでできた島々が連なる絶景

ラジャアンパットってどんなところ?

カブイ湾はサンゴでできた島々が連続。ボートで移動しながら、次にどんな風景が広がるか、わくわくします


4万6108平方キロの広大な海域に、サンゴでできた島が1500を超える島々が浮かんでいます。多くが石灰カルスト特有のユニークな形の島々です。

 

たとえば、メインのワイゲオ島から約7.5キロのカブイ湾を船で進むと、翡翠色の海に無数の島々が折り重なるように続き、この島を超えたらどんな風景が広がるのだろうとワクワク。多くがパラオのような水面でキュッとくびれたマッシュルーム型をしていて、緑に覆われています。なかには木の枝にコウモリが鈴なりになった”ミアスクン”’(Mios Kon)という島や、剣山のようにギザギザにとがった岩肌を露出した島も。

ラジャアンパットってどんなところ?

パイネモの展望台からの眺め。まるでパラオのロックアイランドのよう


ハイライトは、ワイゲオ島の北に位置するパイネモ。ジャングルに築かれた300段以上の階段を上って展望台へ到着すると、淡いブルーの浅瀬に縁取られたマッシュルーム型の島々がポコポコと浮かぶ光景が! パラオのロックアイランドと似た、まるで海の宝石箱やぁ(C彦麻呂)! な風景が広がっています。パラオのちょうど南に位置するという説明を聞き、納得した次第です。

 

ラジャアンパットってどんなところ?

ピアネモ島の裏手のビーチ。こんな美しいビーチも貸切に!

また、ピアネモ島には大きな弧を描いた遠浅の白砂ビーチもあります。もちろん、貸切状態! ちなみにパイネモとは、島の形から”矢じりと棒がつながる”という意味があるのだそう。

 

ラジャアンパットってどんなところ?

”浮かんでいる砂”という意味のパシール・ティンブル

ワイゲオ島から船で約20分の海域には、干潮時に浮かびあがるパシール・テンブルというサンドバンクもあります。浅瀬では水面からでも砂紋がうかがえ、ガイドが行った時にはあいにく曇り空でしたが、晴れたらさぞかし美しいだろうなぁ。

 


ダイバー冥利に尽きる豊穣の海

ラジャアンパットってどんなところ?

20年前に欧米のダイバーによって、その素晴らしさが広められたラジャアンパットの水面下

”コーラルトライアングル”の中央にあり、アジアとインド洋の種が交わるロケーションなど、いろいろな状況が幸運に重なって、ラジャアンパットの海はダイビング天国! 今回、「エン・ブバ」と「バツ・リマ」に潜りましたが、群れの単位の大きさ、魚影の濃さ、魚種の豊富さ、どれも目を奪われるものばかり。

 


ラジャアンパットってどんなところ?

サウナンダレック村の桟橋の下は、サンゴが一面に

「エン・ブバ」ではバラクーダの群れが描くサークルの真ん中で群れを見回し、ブラックチップやカメと一緒に長時間泳ぐことができ、オウギチョウチョウウオなどのトロピカルなリーフフィッシュもたくさん! また、「バツ・リマ」では浅瀬に広がる一面のサンゴの花畑の上にぷかりと浮かび、カラフルなソフトコーラルで覆われたいくつもの洞窟をすり抜け……これが1ダイブのうちに体験できちゃったのです。いやはや、贅沢すぎる海!

10~11月はバタンタ島とサラワチ島付近の海域にジンベエザメも出没するそう。つまり、大物、群れ、鮮やかなリーフフィッシュ、サンゴ、地形、あらゆるダイビングの楽しみが凝縮しています。