バラエティに富んだインドネシアのドリンク

fruits

南国はフルーツイメージが強いが、フルーツドリンクだけが魅力ではない

皆さん南国のドリンクといえばどのようなイメージが浮かびますか? 天然のヤシの実にストローを差してそのままストレートで飲むイメージでしょうか? インドネシアでも確かにシンプルなフルーツドリンクを楽しむことができますが、インドネシアドリンクの魅力はそれだけではありません。フルーツをエッセンスとしてコーヒーと混ぜてみたり、生姜を健康のために日常的に取り入れたり、お米を甘味と調和させてみたり、インドネシアのドリンク文化は実に様々な表情をもっています。本当に種類が多く、お店によりカスタマイズしていることも多いため何を飲んでいいか困ってしまうほどです。今回はインドネシアらしいドリンクの中から、日常的に飲まれているもの、さらに日本人にも飲みやすいものをピックアップしてご紹介します。


アボカドとコーヒーの絶妙タッグ、アボカドコーヒー

avocado

大手コーヒーチェーン、バンガワンソロのアボカドコーヒー

インドネシアではアボカドを料理だけではなくドリンクにも活用します。アボカドをそのまま使ったフレッシュアボカドジュースも濃厚で美味しいのですが、あえてガイドがおすすめしたいのは「アボカドコーヒー」です。え!アボカドとコーヒー!?と皆さん思われるかもしれませんが、アボカドの濃厚さが少し甘くしたコーヒーとマッチして、絶妙な味わいを醸し出します。ジャカルタでは大型のカフェチェーンや外国人向けの路面店などで提供されています。ガイドの体験談ですが、単店のお店では味のばらつきがあり、アボカド風味が強すぎる場合があります。単店の路面店ではなく、ある程度規模がある大型カフェチェーンの方が味よりが安定しており美味しいです。


庶民の栄養ドリンク、エステエムジェ(Este Emje)

esteemje

街中の商店で気軽に飲まれるエステエムジェ

エステエムジェは地元の人たちに広く愛飲されているスタミナドリンクです。広く路上のお店で提供されており、ジャカルタのどこでも気軽に楽しむことができます。味は滋養強壮に良さそうな生姜入りの甘いミルク。それもそのはず、エステエムジェの名前は、次の頭文字からとって作られたと言われています。

ES→S→Susu(インドネシア語でミルクの意味)
TE→T→Telur(インドネシア語で卵の意味)
EM→M→Madu(インドネシア語でハチミツの意味)
JE→J→Jahe(インドネシア語で生姜の意味)

つまり、「生姜入りハチミツ卵牛乳」というわけです。慣れない土地で溜まった疲れを癒してくれそうですね。余談ですが、ガイドが通う路面店の店主に聞いたところ、近年は加工済みのインスタント品がほとんどですが、昔ながらの手作りにこだわる人もいるらしく、一部のお店では新鮮なフレッシュエステエムジェを提供することもあるようです。ちなみに、アイスではなくホットドリンクなのでご留意ください。


ドリンクとデザートの間、チェンドル(Cendol)

cendol

ショッピングモールのカフェで提供される、チェンドル

正確にはチェンドルはドリンクの名称ではなく、ドリンクの中に入れて飲まれる伝統的なゼリー状のお菓子のことを指します。米粉から作られ、通常は緑色をしています。東南アジア各国でも人気のチェンドルですが、米が主食のインドネシアでも全国津々浦々で楽しまれています。ジャカルタでは伝統的な屋台にもあり、ショッピングモールのカフェでもカスタマイズされたチェンドルをいただくことができます。たっぷりのチェンドルを、クラッシュドアイスと砂糖で甘くしたココナッツミルクで楽しむのがスタンダートスタイルです。かき氷とココナッツジュースの間のような飲み物です。

以上、ガイド自身も体験した中から比較的見つけやすく、味も親しみやすいものをご紹介しました。これ以外にも、インドネシアでは本当にたくさんのドリンクを楽しむことができます。訪れた際はぜひ積極的にチャレンジしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。