「自分が愉しむを織り込む」、ボクの流儀



プレゼン案の画像2

プレゼン案の資料             ●クリックすると拡大します


メインのリビングルームは、部屋全体を土間仕様とし非日常的な空間としました。

やはり、ログハウスを好む人々は、遊び心が旺盛だし、ハンドメイドやユースド家具等、既成のものから離れた暮らしを愉しむ感覚がある……そんな人々の世界感を空間イメージとして表現提案しました。

インテリアデザイン+建物外観デザインも依頼事項にありましたので、これは立体で考えたい!……「立体は立体で考える」が、ボクの流儀。

外観デザイン検討用の建物模型の画像

外観デザイン検討用の建物模型   ● クリックすると拡大します


立体物は、イラストだけでは通じえないところもあります。その点、模型は様々な角度からイメージを確認できるので、提示しました……というのも、インテリアデザインが本業ですが、要望にあったように建物の外観やエクステリアデザインまで思案することとなったからです。

建物の外観、エクステリ、インテリア、家具などデザイン(設計)は総合競技ですから、どこからどこまでが建物、インテリア、家具など線引きせず思考するべきだと思います。

そんな訳で、建物外観の模型だけで既に4点提示。試行製作はもっと多いですが……。

建物外観だけではありません。家具です……家具はボクの「血」ですから、当然こだわります。

検討用の家具模型の画像

検討用の家具模型    ● クリックすると拡大します


とくにハンドメイド家具については、ボクの肝いりなので当然模型を作成し、ニコニコ顔で提示しました。

今回ボツになってもかまいません……クライアントの要望をクリアするのは当然ですが、同時に自分が愉しめるアイテムやアイデアを織り込まなければ、やる意味がない。


現場を確認し、イメージ確認が大前提

提示した案は好評で具体的に内容をつめる次の段階と入りました。

現場の方は、ログが組み上がり建物全体と周囲の様子が分かるようになった状態。そこで、建設中の現場がある関西へ往復8時間、打合わせ6時間というスケジュールで早速現地視察を強行しました。

移動の車中もズーと打合わせ、でした。

現地の画像

現地の建物工事状態  ● クリックすると拡大します


やはり現場を確認しイメージの確認が、デザインを進める為の大前提です。

現場確認を終え、早速あらためて建物外観(素材・仕上げ・カラーリング等)と周囲の設定案を提示しました。

建物外観案の画像

建物外観案    ● クリックすると拡大します


ログ部分のカラーリングは二転三転しながらですが、良い方向へ進んでいます。

さて、これから具体的なインテリアデザインです。

次回をお楽しみに!

……………………………………………………………………………………
■今回の関連リンク

2

 


→石川 尚の仕事の現場シリーズ
ログハウスプロジェクト2

インテリアデザインのポイントは、ハンド・メイド家具





3

 


→石川 尚の仕事の現場シリーズ
ログハウスプロジェクト3

ナチュラル志向のログ家具インテリアを創る





石川 尚のオフィシャルブログ【イス・ログ】、更新中です♪

☆不定期配信、暮らしのデザイン情報・デザインコラムをお送りしています!……『ファニチャーメルマガ』、登録(無料)はこちらから。
☆ガイドのエピソードが満載のインタビューはこちらから!

★掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

Copyright(c) イシカワデザイン事務所 (ISHIKAWA DESIGN OFFICE) All rights reserved



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。