インテリアキーワードも「ハンド・メイド」で

 【仕事の現場】ログハウスプロジェクト「G」のデザインにつづき、ログハウスの商品住宅プロジェクトのインテリアプランと家具製作です。

現場確認を終え、あらためて提示した建物外観(素材・仕上げ・カラーリング等)と周辺の設定案。

建物外観案undefined

建物外観案 ●クリックすると拡大します


ほぼ提示通りの建物外観にそって具体的なインテリアデザインに入っています。

当初提示した企画書から多少の修正はあったものの、インテリア空間はログの素材感を活かしたかったですね。

とはいうものの、いかにも「ログハウス」という感覚は、今の時代にあわない。ラフでカジュアルですが、田舎風ではなく少しモダンなエッセンス、そして「ハンド・メイド」のインテリアを試行しました。


提示したインテリアデザイン案

提示したインテリアデザイン案 ● クリックすると拡大します


メインの土間リビングでは、木、モルタル、白ステインなど色と素材をベースに気持ちの良い吹き抜け空間とし、木素材を活かしたハンド・メイド家具とアクセント色でまとめていきます。

土間リビングのインテリア空間案undefined

土間リビングのインテリア空間案ドローイング ● クリックすると拡大します


奥の主寝室では、総壁面が木ログで囲まれる山小屋風ではなく、ひとつの壁面を異素材と色使いで構成し、落ち着きのある部屋としてまとめます。

主寝室のインテリア空間案ドローイング

主寝室のインテリア空間案ドローイング ● クリックすると拡大します


2階の子供室は、女の子の部屋を設定しました。

これは、ログというとどうしても「男空間」的傾向があるので、視点をかえて、の意味も含めたのです。この部屋でも木ログに囲まれた部屋ではなく、ひとつの壁面(窓側)を異素材と明るい色使いで構成しました。

傾斜のある天井も何か利用したいものです。

子供室のインテリア空間案ドローイング

子供室のインテリア空間案ドローイング ● クリックすると拡大します


僕がこのプロジェクトに参画する以前から計画されていた案、現場の要望、予算等の関係上、提示案通りには進みませんが、ポイントとなる部分は概ね了承されました。

インテリアデザインの中でも「最もポイント」が、リビング家具。それもハンド・メイドファニチャーです。


習慣化の中からの発想が、イシカワ流

仕事の関係上よく現場や製作所に行きます。そこで目にする素材の端材。もったいないなぁ~のため息と同時に何かに転用出来ないものか?・・・と思案することがあります。

その都度、浮かんだアイデアをノートに記載して自分の抽き出しにしまっておくのです。これは、習慣ですね、習慣化された発想法。こうして長年続けていると随分の量になります。

今回もやはり、現場で見つけた木ログの端材。建材としてふんだんに使われている木ログ、端材でも無垢材の存在感が光っている。これを使おう、使った家具を!
もちろん、同様の家具は珍しくはありません。ただ、自分流というかイシカワ流の料理法で素敵な家具を、それもハンド・メイドする家具。

ログハウス志向者には、この「ハンド・メイド」というキーワードはストン!と落ちるはず。

ハンド・メイドファニチャー案の模型

ハンド・メイドファニチャー案の模型 ● クリックすると拡大します


そんな思いから企画書の段階で提示した家具を、実際に製作することを提案しました。通常製作依頼している木工所ではなく、ボクが監修し、実際に製作することが出来る工房で。