子供の成長とともに日々増えていくおもちゃ。大きくなるにつれておもちゃの大きさも小さく細かくなっていくので、収納方法に頭を悩ませているママも多いですよね。

そこで今回は、キッチンではおなじみのジップロックやタッパーなどの収納グッズを使ったおもちゃの収納法をご紹介します。


ジップロックは万能収納アイテム!

お片づけの練習にも最適

お片づけの練習にも最適

実はジップロックは片付けのプロも愛用する万能収納アイテム。

ガイドの家でもジップロックはキッチンだけでなく、他のいろんな場所で使っています。右の写真は長女が年長の時のものなのですが、「しいる」「いか(注:貝のこと)」などと袋に書いて、シールや貝がらなど種類ごとに分けてジップロックに収納しています。

ジップロックは、透明なので中身が一目でわかる。口を綴じることができるので中身が紛失しにくい。サイズ展開が豊富。しかも手に入れやすく安価、といいことずくめなんですよ。


「ピースが足りなくなっちゃった」も解消!

ジップロック収納でまずおすすめしたいのがパズルです。パズルをお持ちのママならだれもが感じたことがあるだろう、パズル収納のあの煩わしさ。

パズルのような、パーツがたくさんあるおもちゃこそ、ジップロック収納が煩わしさを解消してくれます。
ジップロックを使ったパズルの収納例

ピースとボードを分けて収納。ピースはジップロックへ。

上の写真は、ブログ「ママ日和 ~女の子育児とお買いもの~」のトウコさんの収納例。トウコさんのお宅では、いろいろ考えた末にボードとピースは別々に収納することにしたとのこと。

パズルの収納例

ボードは上の段へ収納。ピースが入ったジップロックにはパズルの完成写真も入っています。

ジップロックとボードにそれぞれパズルのタイトルをテプラで貼ってあるので、ひらがなが読めるお子さんなら自分でパズルを出し入れすることができます。

お子さんにとってもとても分かりやすく使いやすそうな収納法として参考になるのではないでしょうか。

また、ジップロックの裏面にはパズルの完成写真をつける、という工夫もされています。これならちょっと難しめのパズルでも、完成図を見ながらできますね。

まだひらがなが読めないような小さなお子さんなら、ラベルに絵やマークなどを書いて目印にしてもいいでしょう。

また、完成形のまま片づけたいタイプの方は、購入時の袋にしまっているとだんだん袋が破れてきてパーツをなくしかねません。購入時の袋は処分して、大きめのジップロック(B4程度)に変えてしまいましょう。この時、閉じ口はスライドできるつまみがついているタイプの方が使いやすいです。

ちなみに、完成形のまま収納可能な専用のケースも市販されています。

  
>>次のページは選ぶ楽しみも兼ねた収納法