1年物定期は0.40%が好金利

インターネット銀行の夏・冬のキャンペーン金利(定期預金)でさえ、市場金利の低下を受け、数年前のような好金利は期待できなくなっていますが、同時に地方銀行のインターネット支店の定期預金が注目を浴びるようになっています。

地方銀行のインターネット支店の好金利定期預金といえば、香川銀行のセルフうどん支店の「超金利トッピング定期預金」、愛媛銀行の四国八十八ヵ所支店の「だんだん定期預金」、トマト銀行のもも太郎支店の「きびだんご定期預金」、荘内銀行のわたしの支店の「わたしの支店専用定期預金」が4強を占めている状況です。

4強の1年物定期預金金利は、いずれも2014年10月28日現在0.40%。荘内銀行のわたしの支店専用定期預金は、1億円まで預け入れが可能となっていますが、他の3つの定期預金は最高100万円までとなっていることから、まとまったお金で利用するのであれば荘内銀行のわたしの支店がよいでしょう。

これら4強以外の地方銀行で好金利を提示するのは、静岡銀行のインターネット支店が期間限定の定期預金を扱う程度に過ぎません。2014年の夏には「ウルトラ金利」と銘打ったキャンペーンで3ヵ月物を0.50%で募集していました。

北都銀行があきたびじん支店を開設

地方銀行のインターネット支店は、どちらかといえば西日本に本店のある銀行が好金利を提示している銀行が多く、東日本に本店のある銀行では荘内銀行くらいでした。しかし、秋田県に本店のある北都銀行がインターネット専用支店である「あきたびじん支店」を2014年9月22日に開設しました。

オープン記念として「オープン記念特別定期」を2014年12月22日まで取り扱っています。預入期間は6ヵ月ですが、適用金利は0.50%です。1口当たり50万円以上1000万円以下が預入金額となっていますが、1人1億円まで預け入れることができるのです。

1人1億円まで預け入れが可能なのは荘内銀行のわたしの支店と同じ。そう、北都銀行は荘内銀行と2009年10月に経営統合している銀行なのです。あくまでも推測に過ぎませんが、オープン記念特別定期の取扱いが終了した後も、荘内銀行と同水準の定期預金を扱う可能性があると思われます。

仮に北都銀行が先の4強同様の定期預金を取り扱えば、時代は4強から5強に変わることになり、その数が増えていけば好金利競争も高まる可能性があるというわけです。北都銀行の「あきたびじん支店」の定期預金、オープン特別記念定期を含めて今後注目したいところです。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。