ショッピングセンターでのお買い物

Patio Paulista

サンパウロのショッピングセンター「パチオ・パウリスタ」

ブラジル人が服やプレゼントを買いに行く場所として、まず思い浮かべるのは、「ショッピング」と呼ばれるショッピングセンター(ショッピングモール)。こうした場所には、通常多くの小売店と共に、フードコートや映画館なども入っていて、街の娯楽施設の1つとなっています。

モール内は快適で、比較的安全に買い物が楽しめますので、ブラジルのお土産を探しに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

洋服のブランド

ellus

ブラジルの若者に人気のellus


ブラジルの婦人服には、明るく華やかな柄や、身体の線をきれいに見せるようなラインにこだわったものがたくさんあります。
紳士服なら、きれいな色のリラックスしたスタイルがブラジルらしくてお勧めです。

■ FARM(ファーム)
リオ・デ・ジャネイロ生まれの「ファーム」は、明るい色使いのパターンと、さらりとした着心地のファブリックで人気の女性服ブランドです。2014年は、アディダスとコラボしたW杯記念コレクションが注目を集めました。リオはもちろん、サンパウロ、サルバドール、ミナスなどのショッピングセンターに店舗があります。ブラジルらしいキュートさが詰まったお勧めブランドです。

■ colcci(コルチ)
colcci

サンパウロファッションウィークでも人気のcolcci

ブラジルを代表するスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンがイメージモデルを務めることでも知られる「コルチ」は、フレッシュで主張のあるブランド。
24州もの地域で、ショッピングセンターを中心に店舗を構えています。メンズやキッズラインもありますので、チェックして見て下さいね。

■ Richards(ヒシャルヂス)
リラックスしたブラジルのライフスタイルに相応しいデザインをコンセプトとした「Richards」。
ショッピングセンターを中心に、23州に店舗があります。
元々メンズブランドとしてスタートしましたが、2003年に加わったレディースは、日本人女性にも好評です。キッズもありますので、家族のお土産にいかがでしょうか。

■ M. Officer(エミ・オフィサー)
M.Officer

ジーンズで有名になったM.Officer

ニューヨークコレクションでも活躍するブラジルを代表するデザイナーの1人、カルロス・ミエル(Carlos Miele)が創立したブランドで、全国のショッピングセンターの多くに店舗があります。
ジーンズのカッティングに定評があり、日本人にも比較的好評です。こちらも、メンズ、レディースの両ラインがありますので、覗いてみては?

■ ellus(エルス)
サンパウロ・ファッション・ウィークでコレクションを発表する「エルス」は、ジーンズウェアを得意とする都会的な若者向けブランド。ショッピングセンターを中心に、20州で店舗を展開。こちらも、メンズ、レディースの両ラインがあるので、おしゃれが好きな方は、覗いてみて。

■ Hering(エーリング)
hering

ブラジルの国民的ブランドHering

ブラジル人なら誰もが知っている2匹のニシンがクロスしたロゴの「エーリング」。ベーシックながら、ブラジルらしい色使いやパターンのカジュアルアイテムを、比較的お手軽な価格で販売しています。メンズ、レディース、キッズラインもありますよ。