問題は人に読めるかどうか

baby

名前は常識で人に読めるかどうかが大事

Q: 「央」はオと読めるのでしょうか?「万」はマと読めるのでしょうか?私が読んだ辞典に載っていないのですが、人名として正しいかどうかお教えください。

A: ご指摘のとおり、厳密には央はオウ、万はマンと読む字です。ただし梨央(リオ)、万奈美(マナミ)のように誰もが常識的に読めて、出生届も受理され、社会生活で問題が起きない名前であれば、そういうふりがなも許容範囲だという見方はできるでしょう。

名前のふりがなはグレーゾーンがある

厳密には辞典に載っていなくても、名前として普通に使われて誰も違和感を持たないという読み方は、次のようなものがあります。
  • 央をオと読む名前
リオ(梨央、莉央、理央、里央、…)、ナオ(奈央、菜央、那央、…)、ミオ(美央、実央、…)、シオ(詩央、紫央、…)、カオ(花央、香央、華央、果央、…)、リオナ(莉央奈 里央菜、…)などの名前です。これらを厳密に正しく読めるようにするには、央の代わりに緒、於などの字を使うことになります。
  • ユウの漢字をユと読ませる名
優、悠、祐,裕などユウと読む字をユと読ませる名前で、たとえばユカ(優香、優花、悠香 悠花、祐香、…)、ユミ(優美、悠美、…)、ユリ(優莉、優里、悠里、悠莉、裕里、…)、ユナ(優奈、優菜、優那、悠奈、悠菜、祐菜、…)、ユイ(優衣、悠衣、…)などの名前です。これらも厳密にユと読む漢字を使うなら、友、由、有、佑などの字を使えば正しくなります。またユウの字とキの字を組み合わせますと、ユウキ、ユキの読み方が出て、男女を間違えやすい名になることは覚悟しなければなりません。
  • レイの漢字をレと読ませる名
礼、怜、玲、伶、麗などレイと読む字をレと読ませる名前で、たとえばレナ(玲奈、玲菜、玲那、怜奈、怜菜、伶奈、…)、レミ(玲美、玲実、玲海、怜美、怜海、伶美、礼美、…)などの名前です。これらを厳密にレミと読む漢字にすることはできません。レと読む漢字は無いのでレイの字を使わざるを得ないのです。
  • マンの漢字をマと読ませる名
万、満などマンと読む字をマと読ませる名前もあります。マナ(万菜、万奈、満奈、…)、マミ(万美、万実、満美、…)、マリ(万里、万莉、満里、…)などの名前ですが、厳密にマと読む漢字を使うなら、真、麻、茉などの字を使えばさらに読みやすくなるでしょう。

気をつけるべきケースもある

司の字をジと読ませる名前も時々つけられます。行司(ギョウジ)とか宮司(グウジ)といった熟語もあるので、ジと読むのだと勘違いされることもあるようです。しかし司は単独ではジとは読まず、人はやはりシと読んでしまうことが多いのです。また美桜をミオ、美空をミクと読ませる名前もあることはありますが、これらもミオウ、ミソラとも読まれやすい名です。

これらの場合は「誰もが常識でわかってくれるはずだ」ということまでは期待しないほうがいいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。