「秋ドラマスタートガイド(前)」で紹介した14日(火)までのドラマがすべて始まりました。
ここまでのトップは唯一の視聴率20%オーバー『Doctor-X』。それから『信長協奏曲』『ぬ~べ~』と続きます。クドカン『ごめんね青春』は10%ギリギリと苦しいスタート。TBSではいつもどおり「DVDは売れる」クドカンに戻った?

それでは10月17日(金)以降に始まる終盤戦を紹介します。

10月17日(金)スタート

『新・刑事吉永誠一』

テレビ東京系金曜19:58~
原案:黒川博行
脚本:田子明弘、ひかわかよ
監督:赤羽博、本橋圭太
主題歌:甲斐バンド「Blood in the Street」

出演:船越英一郎、中山忍、小泉孝太郎、平山あや、林泰文、山田純大、松尾諭、河西健司、佐藤孝之、長島琢磨、須藤菜々子、柿澤勇人、眞野あずさ

「横浜の大型客船で指名手配犯を逮捕した吉永誠一(船越)ら片山班。しかし管理官・九条一馬(柿澤)は大勢の客の中で発泡した鏡貴一(小泉)を非難。吉永は「処分は私が受ける」とかばう。一方、倉庫街に駐車した九条の車に冷凍された少女の遺体が落下してくる。この事件の捜査に九条はキャリアとしてでなく一刑事として片山班に加わる。」

「金曜8時のドラマ」枠、初のパート2。上にかみつく船越英一郎もあいかわらずのようで、前作と変わらない路線です。一番変わったのは原案の黒川博行が直木賞を受賞したので「直木賞作家原案ドラマ」に昇格?したことでしょうか。

 

『Nのために』

TBS系金曜22:00~
原作:湊かなえ
脚本:奥寺佐渡子
演出:塚原あゆ子、山本剛義
プロデュース:新井順子
主題歌:家入レオ「Silly」

出演:榮倉奈々、窪田正孝、賀来賢人、小出恵介、原日出子、柴本幸、モロ師岡、美保純、葉山奨之、光石研、山本未來、織本順吉、徳井義実、小西真奈美、三浦友和

「高層マンションに住む野口貴弘(徳井)・奈央子(小西)夫妻が殺害される。現場に居合わせた杉下希美(榮倉)、成瀬慎司(窪田)、安藤望(賀来)、西崎真人(小出)らはある計画をたてた。その後、西崎が犯行を自供、懲役10年の刑に。10年後、事件に疑問を抱く元警察官・高野(三浦)は真相を追い始める。15年前の夏、瀬戸内海に浮かぶ島で希美と成瀬が起こしたある事件から始まっていると高野は確信していた。彼らはあの時、罪を犯した。それぞれNのために。」

『夜行観覧車』スタッフが再び湊かなえ原作をドラマ化。TBS+ドリマックス制作の刑事・事件ものは『夜行観覧車』の後『確証』『名もなき毒』『刑事のまなざし』『隠蔽捜査』『ペテロの葬列』とヒットこそしないもののいい内容のドラマが続いています。今回は若手俳優主体なところが不安点ですが、三浦友和がシメてくれることを期待しましょう。

 
次は「10月20日(月)と21日(火)スタートのドラマ