そもそも、審美歯科治療は何故保険がきかない「自費治療」なのか?

「審美歯科」「美容歯科」と普通の歯医者の違いは?

「審美歯科」「美容歯科」と普通の歯医者の違いは?

いわゆる「審美歯科」や「美容歯科」の治療は、保険がきかない治療を専門に取り扱っています。保険がきく歯科医院は、悪い所を治す という考え方のもと治療や法の制度が整えられてきたので、例えば前歯が折れてしまった場合、前歯の代わりとなるものをセットし、それが正しく機能することだけが求められていました。

ですが近年、そうして前歯の機能を回復させても、笑った時に黄色や銀色の歯が見えてしまうのではなく、もっと自然でキレイな歯を手に入れたいという声が高まり、その声に応えた歯科が「審美歯科」や「美容歯科」です。これらのクリニックでは歯や口の中全体の機能性の回復に加え、見た目の美しさ(審美性)にも重点を置いた治療をします。芸能人やアイドルの方々から中心に広まり、今では多くの方が審美歯科や美容歯科に通って口元のケアをされています。

本格的にキレイにしたいなら、自費専門のクリニックを

特に笑った時に見える前歯や、大きく口を開けた時に見える下の奥歯などは、白く自然な状態に治療したいと特に希望される方が多いパーツです。そのようなパーツをきちんとキレイに治すには、やはり審美歯科専門のクリニックをオススメします。

保険がきく・きかないの大きな違いの1つとして、使う素材が異なります。保険治療では数年で劣化してしまう代わりに費用が安く抑えられるタイプの素材が多く、長期に渡って白く自然な状態で仕上げることが難しいものが多くあります。使う素材が異なれば、それぞれの素材の特長も大きく異なります。

日頃からその素材をよく使い、特長を最大限に生かせる知識のあるドクターに治療してもらうのが一番だと思います。逆に保険の範囲で治療を行いたい場合には、審美歯科や美容歯科ではないクリニックに通うことをオススメします。自分の受けたい治療やなりたい口元のイメージ、治療の予算などに合わせて、通うクリニックを選択しましょう。

次のページでは、実際のクリニック選びでチェックしたいポイントなどをご紹介します。