3.精神的に自立をすること

「愛すること」と「精神的な自立」はつながっている。

「愛すること」と「精神的な自立」はつながっている。

人は相手を「必要とする」思いを愛情だと勘違いしがちです。でもそれは相手への愛情でも何でもなく、単なる「依存心」です。

哲学者のエーリッヒ・フロムは、こういうことを言っています。
「自分の足で立てないという理由で誰か他人にしがみつくとしたら、その相手は命の恩人にはなりうるかもしれないが、二人の関係は愛の関係ではない」
(参考文献:エーリッヒ・フロム著、鈴木 晶 翻訳、『愛するということ』紀伊國屋書店刊)

1人で立つことができずに相手に依存しすぎると、相手に負担をかけてしまいます。
誰もが皆、自分の人生にいっぱいいっぱいです。もちろん愛する人の力にはなりたいけど、負担をかけられ過ぎると、潰れてしまいます。それは相手にとって不幸なことです。
愛する相手を不幸にすることは、愛情ある行為とは言えません。

だからこそ、愛する人のためにも、精神的に自立した人でいることは、とても重要です。さらに、精神的に自立することで、依存心を愛情だと錯覚した“恋愛ごっこ”をすることなく、愛を持った本当の恋愛ができるのです。


精神的な自立をするには?

精神的な自立をするために大切なのは、「自分で自分をきちんと受け止められるようになる」ことです。

自分の孤独感なども含め、きちんと自分で受け止め、自分を大切にし、愛せる人になる必要があります。
逆を言えば、自分を受け止められない人は、心に余裕がないので人を受け止められません。自分を大切にできていな人が、人のことは大切にできません。さらに、自分を愛せない人はすでに愛情不足なので、人に与えられるほどの愛がありません。

つまり、「愛すること」と「精神的に自立すること」は、切っても切れない関係です。精神的な自立は、人をきちんと愛せる人になるために非常に重要なのです。