iPhoneの新端末、iPhone 6とiPhone 6 Plusが2014年9月19日に発売になりました。今回のiPhoneの目玉は何と言っても、大画面化。画面の大きなiPhoneの噂は毎年ありましたが、ついに実現しました。従来機種のiPhone 5sのディスプレイは4インチサイズ。Androidスマートフォンのディスプレイで5インチ以上が標準となっている中、小さく感じるサイズではありました。そして、今回のiPhone 6が4.7インチ、iPhone 6 Plusが5.5インチと大型化されています。このiPhoneの大画面化は、実用レベルでは果たして便利なのでしょうか。検証してみました。


画面サイズの比較

iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plusを並べてみました

iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plusを並べてみました


画面サイズは、iPhone 5sが4インチ(1,334×750px)、iPhone 6が4.7インチ(1,134×7,50)、iPhone 6 Plusが5.5インチ(1,920×1,080)となっています。画面が大きくなっただけでなく、画素数が増えているため、詳細で見やすくなっています。


手で持った感触

iPhone 5s

iPhone 5s


iPhone 6

iPhone 6


iPhone 6 Plus

iPhone 6 Plus


手の大きさとしては、普通サイズの男性の手で持った様子です。片手での親指操作では、iPhone 5sが画面サイズとしてはギリギリに感じます。視認性は良いのですが、片手操作では小さなiPhone 5sの方が操作はしやすいです。重さは、iPhone 5sが112g、iPhone 6が129g、iPhone 6 Plusが172gと、画面サイズの大型化に合わせて重くなっていますが、薄さと重量バランスのためか、それほど、重量増を感じません。


薄さ

左からiPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6s

左からiPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6s


薄さは、iPhone 5sが7.6mm、iPhone 6が6.9mm、iPhone 6 Plusが7.1mmと、iPhone 5sから大幅に薄くなっています。iPhone 5sでも十分薄く感じたため、サイズが大きくなった分、薄さをさらに実感することができます。


ホーム画面の拡大表示

画面の拡大表示

画面の拡大表示


新機能として、拡大表示機能が搭載されました。ホーム画面に並ぶアイコンが大きくなり、各アプリの表示も大きくなります。視認性を重要視するユーザーには嬉しい機能です。


画面を下げて表示

画面を下げた様子

画面を下げた様子


画面の大型化で、片手で持った際に、画面上部に指が届かなくなりました。この対策として、ホームボタンを軽く2回タップすると、画面が半分下に降りてきて、上部のメニュー操作がしやすくなります。


通信性能の向上

LTEの対応周波数帯が増えて、キャリアアグリゲーションに対応しました。Wi-Fiも802.11 acに新たに対応し、より高速通信が可能です。


バッテリー性能の向上

バッテリー容量は公開されていませんが、画面の大型化に合わせて、バッテリーサイズもアップされているようです。通話時間や待ち受け時間などが改善されています。


カメラ機能の向上

画面の大型化以上にメリットとして大きいのは、カメラ機能の向上です。iPhone 5sと比較して、大幅にAF性能が向上しました。さらに、iPhone 6 Plusは光学手振れ補正機能が付きました。

以上、iPhone 6とiPhone 6 Plusは、画面の大型化に伴うデメリットを減らせるようにソフト的なアイデアを加えながら、画面サイズ以外の機能も強化しています。どうしても4インチサイズのiPhoneが使いたい、というユーザー以外は、iPhone 6やiPhone 6 Plusに変更するメリットは大きいと思われます。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。