24時間営業、ムスタファセンターはなんでもあり!

説明画像

入口が多いムスタファセンター。周囲にはインド系の人々が集い活気あふれるスポットです


説明画像

駅から出るとこの建物が目に入ります。ここからもムスタファに入れますが、建物に向かって右手の筋を入ったところの入り口の利用客が一番多い

シンガポールの中のインド、リトルインディアのランドマーク的存在といえば「Mustafa Centre」。MRTファラーパーク駅からすぐの場所にある、24時間営業の巨大ショッピングセンターです。ファラーパーク駅を出るとまず圧倒されるのが、ショピングセンター周辺の雑踏です。両替所やジュース売り、街角に集うインド系の人々などの多さ……。その雑多な雰囲気はシンガポールの他の場所ではちょっとお目にかかれない。そんな雰囲気の中心にそびえたつのが、ムスタファセンターなのです。

まずこのショッピングセンター、入口が多い。入口で必ず手荷物を預けなければならないので、財布以外の貴重品は持ってこないほうがいいでしょう。カメラももちろん持ち込めません。そして、中に入ると広すぎて迷ってしまうので、荷物を預けた場所は必ず覚えておくのが鉄則です。

説明画像

サンダルもこのとおり詰め込まれてディスプレイされているので、とにかく探す! という気合が必要

中はとにかく広いの一言。そこに日用品から土産物、食品、電化製品などありとあらゆるものが詰め込まれていて、圧巻! ここで見つからないものはないと言われるほどの商品数の多さですがとにかく売り場がゴチャゴチャしているので、買い物をするのにも気合が必要。「見つけたもの勝ち」なショッピングセンターなのです。 狙い目は、お土産になりそうなコスメ類。アーユルヴェーダやアロマなどをとり入れた石鹸やスキンケアなどが安価で手に入ります。アロマオイルも日本の半値ほど。お菓子類も、かなり安くなっていますので、バラマキ土産をまとめ買いするのもいいのでは? さらに、ガイドがチェックするのがマーライオングッズ。良くも悪くもレトロなものやキッチュなものから、観光スポットで見かけたようなグッズまでいろいろと見つかり、ほかより手頃。持って帰るのがちょっと大変ですが、ベットカバーや下着類なども日本よりかなり安いと思いますよ。アジア的雰囲気を楽しむだけでなく、お土産探しに一度は訪れてほしいショッピングセンターです。

<DATA>
■Mustafa Centre(ムスタファ センター)
住所:145 Syed Alwi Road
電話:6295-5855
営業時間:24時間
定休日:なし
アクセス:MRTファラーパーク駅すぐ
URL:www.mustafa.com.sg
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。