ママ目線で作られた低反発オムツ替えマット

「オムツ替えを快適に!」という発想から生まれたのがUS発「Ah goo baby(アー グー ベイビー)」のオムツ替えマット「The Plush Pad(ザ プラッシュ パッド)」。ニコール・キッドマンやジェシカ・アルバ、ケイト・ブランシェットも愛用していたアイテムです。

Diaper

赤ちゃんの居心地抜群! 低反発オムツ替えマット「ザ プラッシュ パッド」


他のオムツ替えマットと一線を画しているのは、マットの部分に低反発マットを採用していること。ほどよく赤ちゃんの体が沈み込むので、マットに体がフィットして、オムツ替えの最中に寝返りをする回数が減ったと感じるママも多いのだとか。

創業者カリンも2児のママ
アー グー ベイビーの育児グッズはママの強い味方!

創業者のカリンは2人の女の子のママ。第一子のグレース出産前は、テレビ局勤務で、海外出張もいっぱいこなしたキャリアウーマンでした。そんな彼女が、「もう可愛くて仕方がな~い」とキャリアを捨てて、ママ業へ。2年の専業主婦生活を経て、「子育てを快適にできる商品を作りたい!」とアー グー ベイビーを立ち上げます。カリンの思いに共感した弁護士の夫ジョージも、アー グー ベイビーへ。それ以来、夫婦二人三脚で頑張っていて、カリンはビジネス書『StartupNation®.』で、ビジネス界のリーディングママの一人に選ばれています。
ZOO

男の子ママに人気の高い「Zoo(動物園)」柄。


赤ちゃんが快適だと、ママも快適になれるからという考えから、ハイハイ中の赤ちゃん用ひざあて「Kneerkers」など、“赤ちゃんが快適である”ことを目指した商品開発もしています。実体験に基づいたアイディアから生まれた数ある商品の中でも、一番人気なのが、今回、ご紹介した「低反発オムツ替えマット」です。本国アメリカでは、2つ、3つ持っているママも少なくありません。