【新商品】 LIXIL 高性能ハイブリッド窓「サーモスX」

高い断熱性、スリムなフレームを実現した アルミと樹脂の複合窓


一般的な窓(サッシ)の素材は、アルミや木、樹脂など。また、これらの素材を組み合わせ、性能を高めた複合サッシも各メーカーから提案されています。

LIXILからは、樹脂窓同等の断熱性能とスリムなフレームデザインの両立した高性能ハイブリッド窓「サーモスX」を全国で販売(2015年3月1日より)。アルミと樹脂の複合構造をベースに、断熱性を向上させた商品です。

LIXIL

高性能ハイブリッド窓「サーモスX」施工例


■樹脂窓と同等の断熱性

窓サッシで最も馴染みのあるのがアルミですが、最近ではアルミと樹脂を組み合わせた複合サッシを取り入れるケースも増えてきているようです。

アルミと樹脂の複合窓である「サーモスX」の特徴は、フレームを極限まで細くしガラスの面積を最大化し、さらに、新構造のハイブリッドのフレームやトリプルガラスによって、樹脂窓と同等の断熱性能を可能にしたこと。

新構造のハイブリッドのフレームは、室内樹脂部分の中空層(ホロー)を多層化、また、アルミとアルミの間に樹脂を挟むことで熱を遮断するもの。搭載されるトリプルガラスは、高い断熱性を発揮するため室内側と室外側の両方をLow-Eガラスとした上で、クリプトンガスが封入されています。アルゴンガス入りのトリプルガラスと複層ガラスを加えた計3種類のガラスも用意されているとか。

さらに「特殊薄板ガラス」を採用しているので、トリプルガラスでも従来のLow-E複層ガラスと変わらない重量となっており、躯体への負担軽減はもちろん、窓の開閉もしやすくなるのもメリットでしょう。

■スリムなフレーム、素材感を生かしたデザイン

スリムなフレーム、フレームを枠に隠す構造により、内観からはフレームを意識させないデザインも特徴。室内側の樹脂のカラーは、LIXILオリジナルの「クリエカラー」を新たに採用し、窓枠はもちろん、室内建具や床、キッチン・洗面化粧台や玄関ドアまで家一棟でのカラーコーディネートが可能に。また、木目調の内観色にはメタル調ハンドルなどを採用し、高級感を感じさせる工夫もなされています。

スリット窓やスクエアの小窓、シャッター・面格子との一体型や、縦横に自由に窓を組み合わせる連段窓など、ラインアップも豊富に揃っており、プランニングがしやすいのも魅力です。

■「サーモスX」製品概要
[性能] ※断熱性能以外の数値は、住宅性能表示制度における性能値。
断熱性能:クリプトンガス入りトリプルガラス(Low-E)仕様:熱貫流率1.05W/(m2・K)
気密性能:A-4(2)等級
水密性能:W-4(35)等級
遮音性能:等級2/等級3(住宅性能表示)※一部機種・サイズにより該当しないものも有。
耐風圧性能:S-3(160)等級 ※一部機種・サイズにより該当しないものも有。
枠仕様: 枠出幅62mm、柱掛かり36mm
[カラー]
外観5色(ホワイト、ブラック、オータムブラウン、シャイングレー、ナチュラルシルバー)
内観5色(クリエダーク、クリエモカ、クリエラスク、クリエペール、ホワイト)
[参考価格]
トリプルガラス・クリプトンガス入 縦すべり出し窓
サイズ W:640mm×H:1,170mm
106,600 円
※ガラス込み、組立代・網戸代・配送費・消費税は含まず。

【詳細情報】 LIXIL  




匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。