ネットショッピングを最も頻繁に利用しているのは30代男性

節約志向の高い30代男性にはネットショッピングのヘビーユーザーが多い

節約志向の高い30代男性にはネットショッピングのヘビーユーザーが多い

生活トレンド研究所が実施した「インターネットでの買い物」に関するアンケート調査によると、30代男性の22.3%が週に1回以上ネットショッピングを利用していると回答し、全年代平均の15.2%を大きく上回りました。これまで、ネットショッピングと言えば女性の利用者が多いという印象でしたが、実は男性のほうが頻繁に利用しているという驚きの結果に。なぜ30代男性にネットショッピングのヘビーユーザーが多いのでしょうか。

■時間の節約・効率化になる
働き盛りの30代男性はショッピングに行く時間もなかなか取れないことが多く、24時間好きな時間に買い物ができるというネットショッピングの利便性を感じる人が多いようです。スマートフォンの普及でさらに時間や場所を選ばず買い物ができるようになり、地下鉄でインターネットが利用できるようになるなど、通信面でもストレスがなくなりました。移動中などの隙間時間で効率的に買い物をして、節約した時間で家族と過ごしたり趣味の時間を増やしたり、時間を有効活用している男性が多いようです。

■家計の節約になる
30代と言えば結婚や出産などの大きなイベントがあったり、マイホームやマイカーを購入したりと、様々な出費が重なる時期です。男性も家族のために使うお金が増えて、毎月限られたお小遣いの中での生活が始まるなど家計に敏感になる中で、リアル店舗より安く買えるネットショッピングの利用が増える傾向にあります。同調査でも、ネットショッピングを利用する理由に「家計の節約」と回答した30代男性の割合は30代女性を上回り、実は男性のほうが女性よりも家計に対する節約意識が高いことが分かりました。

■欲しいものが安く購入できる
リアル店舗のバーゲンやセールでは女性向けアイテムが売り場の大半を占め、男性向けアイテムは女性向けのものより価格が高い場合が多いため、ネットで購入したほうが安いというメリットは男性の方が実感しやすいのではないでしょうか。また、商品検索や価格比較などで欲しい商品や安い商品が見つけやすいことも、ネットショッピングの利便性のひとつです。同調査でも、回答者の半数以上がネットショッピングを利用する理由として「欲しい物が安く購入できる」と回答し、ネットショッピングは安いという意識が定着していることが分かります。

■幅広いラインナップから選べる
価格だけではなく、リアル店舗では男性向けアイテムの取り扱い点数や種類が少ないことが多いため、ネットショッピングでのバリエーションの豊富さも男性の方が魅力を感じやすいと言えます。特に、男性に多く買われている商品ジャンルは「書籍/CD/DVD」に次いで「パソコン周辺機器」や「家電製品」など種類が豊富なものが多く、スペックを比較したり、持っているIT機器に適応しているかを調べたりしながら購入できるネットショッピングの利用が選ばれています。

■レアな物・変わった物が手に入る
30代の男性は仕事以外にもアクティブに活動する人が多く、釣りや自転車などのスポーツ用品や趣味用品など、専門店に行かないと買えないようなものや、取扱い店舗が少ないために売っているお店を探すのに苦労するものを買う時に、ネットショッピングがよく利用されています。上級者には、日本国内で未発売の商品を海外のサイトから取り寄せる人もいるほど。趣味や活動の範囲が幅広い30代男性にとって、レアな物や変わった物が手に入りやすいネットショッピングの利用は欠かせません。

今回の調査では、20代から60代までの全年代で9割以上がネットショッピングを利用していると回答し、私たちの生活に欠かせないものになっていることが分かりました。さらに、60代でも65.2%が月1回以上利用していると回答し、日常的にネットショッピングが利用されています。今後、ネットショッピングユーザーの年齢層もさらに幅広くなっていくことから、男性向けのショップや幅広い年代を対象としたショップも増えて、ますます便利になっていくのではないでしょうか。


【関連サイト】
生活トレンド研究所「インターネットでの買い物に関する調査


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。