子育て終了後、夫婦の絆を深める趣味の部屋兼ベッドルーム

最後は年配夫婦の寝室です。日本は布団を出したりしまったりすることで部屋を広く使ってきましたが、歳を重ねると、布団の上げ下ろしがしんどい、という理由でベッドに切り替える方も少なくないとか。布団からベッドに切り替えるにあたり、「夫婦ならダブルベッドでしょう!」と考える方もいらっしゃいますが、自分の布団で寝るのに慣れていると、ダブルベッドだと落ち着かない、ということもあるそうです。
IKEAでつくる、自分らしさのあるベッドルーム

お子さんの巣立った家で暮らすご夫婦の寝室。ベッドを別々にしているのには、夫婦で好みのマットレスの硬さが違うから。毎日気持ちよく目覚めるためには、身体に合ったマットレスを選ぶことが重要です

そのため、この寝室ではあえてシングルベッドを二つ用意し、ベッドを挟んでそれぞれがひとずつつ小さな収納を用意。ホテルのようなインテリアを実現しながら、ベッド周りで必要になる小物も収納できるプランニングです。

このお宅では、夫婦そろって音楽好き。写真では分かりにくいですが、手前に小さなチェアもあり、休日はふたり揃って音楽鑑賞を楽しんでいる、という設定です。なお、壁のアートは楽譜をモチーフにしたものを選んでいます。

いかがでしたか? 趣味やライフスタイルを反映させた素敵なインテリア、是非ご自身でもチャレンジしてみてください。

IKEAカタログ2015(オンライン版)

【商品取り扱い:イケア各ストア】
IKEA 船橋(千葉県船橋市)、IKEA 港北(神奈川県横浜市)、IKEA 新三郷(埼玉県三郷市)、IKEA立川(東京都立川市)、IKEA 鶴浜(大阪府大阪市)、IKEA 神戸(兵庫県神戸市)、IKEA 福岡新宮(福岡県糟屋郡)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。