イデーらしい、モダンで華やかなラウンジチェア
クラシックな椅子のデザインを取り入れた、SALUKI LOUNGE(サルキーラウンジ)。幅73cm、奥行き71cm、高さ109cm、座面の高さ38cm。16万5,900円(税込)
ちょっと個性的で、でもゴテゴテし過ぎなくて、長く愛せる家具が欲しい、そんな人にお勧めするのは断然IDEE(イデー)の家具。シンプルなラインから、ちょっと人目を引くアイテムまでが揃っていて、男女問わず人気がありますよね。

南青山のIDEE SHOP(本店)は建物も素敵で、ツタに覆われた外観もいい雰囲気を出していたのですが、残念ながらビルの取り壊し決定。今月21日にクローズしてしまいます。

と言っても、イデー自体が無くなるわけではなく、移転するだけなのでご安心を。23日からは新店準備室「IDEECAMP」での営業開始、夏には新本店オープンの運びだそうです。ということで、今回は南青山のIDEE SHOPを振り返りつつ、今年の新作家具をご紹介します。

イデー的ミュージアムショップ

吹き抜けの空間を2階から見下ろす
初めてここにきたとき、今まで見てきたショップとあまりにも違って新鮮で、とてもびっくりしました
南青山のIDEE SHOPって、入口が3つあってどこから入っても良いのですが、私はたいていこのミュージアムショップから入ってました。建物に向かって右側のエリアですね。開放的な吹き抜けと、幅の狭いスチールの階段が特徴です。初めてこのショップに来たとき、この階段を登っていいのだろうか? と悩んだのも、今となってはいい思い出だったりして(もちろん登っていいんですよ)。

イデーでは、アクセサリーや食器、時計など、持っているとちょっと幸せ、なアイテムがたくさん揃っています。最近のインテリアショップは雑貨が充実していますが、やはり中でもIDEE SHOPは家具と生活雑貨、花や書籍、CDを取り揃えたライフスタイルショップの先駆者としての風格が感じられます。

ミュージアムショップまわり
左:この階段を上がると、ちょっと懐かしい感じの家具が置かれています。 右:階段の後ろ側にも、素敵なアイテムがたくさんあります

スチールの階段を上がったところには、ちょっと個性的な家具が置かれていて、全体的にモダンな雰囲気となるようにコーディネートされています。コーディネートカウンターの横を通り抜けると、キッチンのある小部屋があります。天井近くの窓から光がたくさん入ってきて、とても明るく、気持ちよい空間。この雰囲気、すごく好きなのですが、なくなっちゃうんですね…残念。光あふれるキッチンがいいなぁと思っている人は、一度見ておくことをオススメします。

ミュージアムショップの吹き抜けに面するフロアの様子
左:置いてあるものはシンプルなのに、まとまりがいいのはどうして? MIMO SOFA(ミーモソファ)2人掛け28万1,400円(税込:ファブリックにより価格は変わります)右:吹き抜け横のフロアは、ちょっとレトロなデザインのものが多かったです。ベージュの小さなソファは、次のページでも紹介しているミニ ミラーアームチェア、7万1,400円 (税込)

現在のイデーショップでは、移転前の最後のイベントとして、ショップ全体を使った新作家具の展示会が行われています。次のページでは、素敵なイデーの家具をピックアップして紹介します!