今年1月からご紹介してきたスウェーデンのインテリア上手を訪ねるシリーズは、今回が最終回。お邪魔したのは、グラフィックデザイナーのミカエル・レークストロムさんのお宅です。ストックホルムの港を見下ろす小高い丘の上に建つ、築300年の小さな古民家でした。

6回にわたってお送りしてきた、北欧インテリア上手の住まい拝見もこれが最後。わかりやすいIKEA部屋とはまた少し違った古民家の暮らしをご紹介します

6回にわたってお送りしてきた、北欧インテリア上手の住まい拝見もこれが最後。わかりやすいIKEA部屋とはまた少し違った古民家の暮らしをご紹介します


ミカエルさんの自宅は歴史地区の中。高低差のある土地に、4、5軒ごとにまとめられたコンパクトな集落が並びます。昔ながらの建物なので、トイレは屋外の小屋にあり、熱源は薪、水は井戸でくみ上げたりもする、スローな暮らしぶり。

次のページから、ユニークなその住まいをご紹介しましょう

<INDEX>
不便でも快適!? デザイナーの住む古い家
自分らしさ×IKEA
雰囲気を高めるライティングテク