プロ野球/プロ野球 関連コラム

楽天・松井稼が史上3人目の日米通算2500安打達成

楽天の松井稼頭央内野手が8月24日、京セラドーム大阪で行われたオリックス戦での一回に中前打を放ち、日米通算2500安打を達成した。イチロー、松井秀喜に続く史上3人目の大記録となる。

瀬戸口 仁

執筆者:瀬戸口 仁

野球・メジャーリーグガイド

挑戦を続けるベテランが、つぎに目指すものとは

日米通算2500安打は、イチロー、松井秀喜に続く史上3人目の大記録だ。

日米通算2500安打は、イチロー、松井秀喜に続く史上3人目の大記録だ。

楽天の松井稼頭央内野手(38)が8月24日、京セラドーム大阪で行われたオリックス戦での一回に中前打を放ち、日米通算2500安打を達成した。イチロー、松井秀喜に続く史上3人目の大記録。二回一死二、三塁では中越えの逆転4号3ラン、八回にはダメ押しの三塁強襲タイムリーと3安打4打点の大暴れで、自らの記録を2502安打まで伸ばした。楽天のキャプテンを任せられている38歳は、次に日本通算2000安打(24日現在、1887安打)を目指す。

日米通算21年目で2500回目の快音を響かせたのは、一回先頭の第1打席、吉田一の初球だった。144キロの真ん中低めストレートを中前へジャストミート。「1打席目で打てるとは思わなかった。監督さんを始め、これまで支えてくれた関係者の方々に感謝しています。これだけ長く野球をやらせてもらって幸せです」。とくにモチベーションが上がるという地元・大阪で達成できたことは喜びもひとしおで、その後も本塁打を含む計3安打4打点をマークし、スタンドからの声援に応えた。

かつては日本を代表する遊撃手だった松井稼だが、若手の台頭もあり、今季は遊撃から三塁、そして3試合前からプロ初の外野守備となる左翼を守るようになった。「この年で新しいことに挑戦できるのは幸せ」と言うが、この男ほど“挑戦”の2文字が似合う選手はいない。

西武に入ってのプロ2年目に、出場機会を増やすためにスイッチヒッターにチャレンジした。当時の東尾修監督の勧めもあったが、慣れない左をものにするための素振りの数は半端ではなかった。肩やヒジへの負担を減らすためにスナップスローに取り組んだ。メジャーへは「自分がどこまで通用するか」の挑戦だった。「イチローのスピードを持ち、松井秀のパワーを持つ」といわれ、鳴り物入りでメッツに入団したが、いきなり遊撃手失格の烙印を押された。メジャー1年目のオフに遊撃とは全く逆の動きをする二塁へのコンバートは、もちろん挑戦だった。トレードで放出されたロッキーズでは、初めてその日の課題をノートに書き、それに取り組むことで自分を取り戻し、メジャーでの成功に結び付けた。現在、楽天では左翼手へ挑戦しているが、目標は「40歳になっても遊撃を守れること」という。体を鍛え、体脂肪率を10%以下にキープしている松井稼ならやってくれるだろう。

「年々、自分の年齢は意識しますよ。高卒とは20歳も違う。子供でもおかしくない年の差だもの」と笑うが、その裏にあるのは“まだまだ若いもんには負けん”という気持ち。また、「記録はシーズン後に振り返るもの。今年は1本でも多くヒットを積み重ねたい」とも言う。今年10月で39歳となる松井稼は、まだまだ野球小僧であり続ける。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場でプロ野球グッズを見るAmazon でプロ野球の関連商品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます