秘密の絶景が堪能できる「隠れ家」沖縄そば店

説明画像

テラスから眺められる超絶景。隠れ家的沖縄そば店は人気急上昇の予感です

沖縄県・南城市にあるパワースポットのひとつ垣花樋川(かきのはなひーじゃー)の近くで、超絶景沖縄そば店を見つけました。周囲には店舗らしきものはなにもなく、集落の外れの緑深い急坂を下ると、目の前には南城市の海辺の街並みと太平洋のダイナミックな水平線が広がります。

沖縄で神の島と崇められる久高島まではっきり見渡すことのできるスペシャルな風景。海の見えるカフェが集中する南城市でも、ここまでの絶景はなかなか見られません! まるで雲の上にいるような素晴らしい景色に、ただただため息です。
説明画像

民家だったというのも驚きの絶景。テラス席から堪能したい

この絶景沖縄そば店「なかんだかり陶糸(とうし)」は2013年6月にオープン。もとは民家だった場所を、陶芸家の店主がそば店に改装。畳席のある店内からも景色は眺められますが、おすすめはテラス席で、遮るもののない超絶景が堪能できます。

絶景に負けず劣らず、沖縄そばも超の付く絶品!

説明画像

陶糸そば。器も店主の手作り。ジューシーをプラスするのもおすすめ

さらにこのお店、絶景に負けず劣らず沖縄そばのレベルがかなり高いです。看板メニューの陶糸そば(700円)は、豚とカツオに野菜も使うという合わせダシのスープが絶妙。肉の臭みがないのはもちろんですが、仄かな甘みの中にコクのあるスープが麺にしっかりなじみます。

ここに、トロトロのあぶり軟骨ソーキや三枚肉、切焼きのカマボコがのっているのですが、どれもかなり美味。絶景抜きでもリピート確実のおいしさです。沖縄そばが好きすぎて、島中のそば店を長年食べ歩いてこのスープにたどり着いたという店主のお言葉に納得。私も今まで、取材などでたくさんの沖縄そばに出合ってきましたが、スープの味わいはここだけのもの。オリジナリティあふれる逸品だと思います。

若き店主は、壺屋で沖縄やちむんの修業を長年つんだシーサー作家。店舗には工房も併設されていて、シーサーをはじめ、やちむん作品も販売していますので、沖縄旅行のお土産におすすめです。

なかんだかり陶糸(とうし)
住所:沖縄県南城市字仲村渠424
電話:098-948-2129
営業時間:11:00~16:00
定休日:水曜
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。