ドバイのアルコール事情

さけ

日本のお酒も多くドバイで飲まれています

国際都市ドバイは、華やかなレセプションやパーティーが開催され、旅行者も気軽にお酒を楽しむことができる環境が整っていますが、その根底にはイスラム教国の教えもしっかりと根付いていて、これをしっかりと把握していないと大変な目に会うことも。今回はイスラム教の教えで摂取を禁止されているドバイのお酒事情についてピックアップしたいと思います。

ドバイでお酒は飲めるの?

pub

ドバイでも人気なベルギースタイルののパブ

ドバイでお酒を飲む前に知っておくべきことがあります。まず、ドバイでは政府が発行したリカーライセンスを持った住民のみが、政府公認のドバイに数か所ある酒屋で、定められた容量のみを購入することが可能です。通常、このライセンスを観光目的の旅行者が持っていることはないと思いますので、購入ができません。

お酒を買うのであれば、ドバイ国際空港の免税店で。ここでは世界の様々なお酒が販売されており、ライセンスに関係なく購入することができます。ですので、空港を出る前に、免税店に立ち寄る旅行者は多いですよ。

旅行者が免税店で購入する以外でお酒を楽しむには、ホテルのバーやレストランがおすすめ。ほとんどの4~5星のホテルの中にあるレストランやバーはビジネス用リカーライセンス(お店でお酒を販売するライセンス)を取得しており、メニューにもお酒が載っています。このほかスポーツクラブやカントリークラブをはじめ、最近ではショッピングモールやビルの中にもリカーライセンスを持った飲食店が多くあるので、お酒が飲みたいときには、お店に確認を。

このように、旅行者がリカーライセンスを持っていなくても、ビジネス用リカーライセンスを持っているホテルのバーやレストランなどでお酒を楽しめるというわけです。(路面店などではお酒の提供はないので、ご注意ください。)

なお、お店によりますが、とにかくお酒の種類が豊富なドバイ!日本食レストランでは、日本のレストランよりも日本酒の種類が多いのではと思う場所もあるくらいです。

改めて確認しておきたい法律のこと

まず、先にお話しした通りドバイではリカーライセンスを持っていないと、お酒を購入することは許されません。リカーライセンスを取得するにはいくつかの決まりごとがあり、その中には居住VISAを持っていることや最低月収のことまでが定められているのです。法律的には、リカーライセンスのない場所でお酒を購入することや飲むことはご法度ですが、そこは観光都市ドバイ。リカーライセンスの制度を設けることによって、外国人が快適に過ごせるようある程度の配慮がなされているというわけです。

とはいっても、節度は必要。旅行客が飲酒関連で逮捕された例も過去にちらほらみかけます。公共の場所で酔っ払って騒いだり、お酒を皆に見えるように持って公共の場を歩いていたり、そのほかお酒が原因で人に迷惑をかけた場合など。ドバイに行かれた際はルールを守って行動し、楽しいお酒を飲んでくださいね。

イスラム教徒にとっての特別な時期

ドバイで忘れてはならないのが、『ラマダン』等のイスラム教徒にとって大切な時期での飲食・飲酒に関すること。この時期は多くのバーが閉鎖され、通常お酒を出すレストラン等でもこの時期は、お酒が飲めなかったりとイスラム教徒をリスペクトした対応が取られています。お酒好きな人は、この時期は避けると良いかもしれませんね。

どんなお酒が飲まれているの?

ガラ

ドバイで開催されたパーティーでのシャンパンを使ったデコレーション

ドバイ国際空港に到着すると、免税店で世界の様々なお酒が販売されています。フランス、イタリアのワインはもちろんのこと、レバノンや南アフリカのワインもおすすめです。ベルギービールや珍しいケニアのビールなど、ハブ空港があり世界中のおいしいお酒が集まるドバイでは、日本ではなかなか頂く機会のない銘柄を発見することもあるでしょう。ホテルのレストランやバーには、カクテルも豊富に用意されているので、ナイトライフも楽しいものになると思います!ドバイならではのカクテルとしては、ラッフルズホテルの『シンガポールスリング』ならぬ『ドバイスリング』もおすすめですよ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。