南アフリカらしさを伝えるラグジュアリー・ホテル

テーブルベイホテル

ホテルのキャラクター、アシカのオスカーには訪れたセレブリティの名前が刻まれています

南アフリカ第2の都市、ケープタウンのウォーターフロントに位置するザ テーブルベイ ホテル。ホテルのキャラクターであるアシカのオスカーの銅像には、これまで訪れたセレブリティの名前が刻まれており、マイケル・ジャクソンやビル・ゲイツ、ミッシェル・オバマなど、アーティストから政治家まで、時代をリードする顔ぶればかり。

 


テーブルベイホテル

「ザ・ラウンジ」ではアフタヌーンティーを

多くのゲストに愛される理由は、上質なサービスはもちろんのこと、南アフリカらしさをあらゆる方法で伝えてくれるからでしょう。たとえばアライバル時。フロント中央には国花であるキングプロテアの大輪が飾られ、その先のラウンジへ向かえば、床から天井まで見上げるほどの大きなガラス窓から、ケープタウンの象徴であるテーブルマウンテンの大パノラマが!

ハーバーに展開する複合施設「ヴィクトリア&アルフレッド・ウォーターフロント」に位置し、ショッピングモールもホテル館内からダイレクトに行けるのも、大きなプレステージ。雨の日だって、夜だって、気軽にショッピングへ出かけることができます。

 

マイケル・ジャクソンがピアノを弾いたお部屋も

テーブルベイ

マイケル・ジャクソンが奏でたグランドピアノを置くテーブル マウンテン スイート

ゲストルーム&スイートは10タイプ、329室。ノーブルな色合いでまとめられ、ハイエンドなテーブル マウンテン スイート以外は、ほぼ共通したデザインです。ビューは大西洋に浮かぶロベン島もしくはハーバー&テーブルマウンテン。衛星テレビやWifiなどの装備も整っています。そして、窓辺に飾られたキングプロテアが華やかさをひとふり。ターンダウンサービス後にはバラの花がベッドサイドやバスルームのタオルの上に置かれていたり、さりげない心くばりが滞在を心地よいものに。

 


テーブルベイホテル

テーブルマウンテンをベッドに横たわりながら眺められるお部屋も

最もゴージャスなテーブル マウンテン スイートはスイート仕様で、リビング中央にグランドピアノが置かれています。このピアノを、あのマイケル・ジャクソンも奏でたとか。

 

250種もずらりと料理が並ぶ朝食に感激!

テーブルベイホテル

スマートカジュアルな服装で訪れたい「カミッサ」

地元の食材を使った料理で、味覚によっても南アフリカを堪能できます。豪華な朝食に驚くこと必至の「アトランティス」、13年12月にリノベーションしたビストロの「カミッサ」、そして正面にテーブルマウンテンの威容を拝む「ザ・ラウンジ」など。

 

テーブルベイホテル

朝から食べすぎにご用心! 充実すぎる朝食の「アトランティス」

「アトランティス」の朝食は毎朝のお楽しみ! シリアルや各種ペストリーは当たり前、ヨーグルトだけで10種以上、惣菜の種類も豊富で、その場で焼き上げるワッフルなどのスタンドも。そして、なんと生ガキも食べ放題! さらにオーダー後に調理する卵料理などのホットディッシュもあるので、ダイエット中の人にとっては悩ましいかぎり。

本格ダイニングの「カミッサ」は、ハーバーの夜景を愛でながらディナーを楽しめます。地元のコイ族の言葉で「プレイス・オブ・スウィートウォーター」、甘い水の湧き出る場所という意味。ワインテイスティングルームもしつらえています。

「ザ・ラウンジ」では、朝食もいただけますが、ぜひアフタヌーンティーを体験してみてください。いわゆる英国風と南アフリカ風の2タイプのメニューがあり、TWGの紅茶と一緒に優雅な午後が過ごせます。

 

スパでのんびりもよし、無料シャトルでシティツアーもよし

テーブルベイホテル

スパに隣接したプール。プールサイドからロベン島が望めます

1階にある「キャメロット・スパ」はタルゴ社製のプロダクツを使用し、トリートメントルームは7室。ロベン島を望む屋外の温水プールに隣接しています。
また、ホテルに直結した「ヴィクトリア&アルフレッド・ウォーターフロント」は気軽に行けますし、無料のシャトルバスを利用して市内の美術館や水族館などのシティツアーに出かけることも一案です。

 

<DATA>
■The Table Bay Hotel
住所:Quay 6 Victoria & Alfred Waterfront Cape Town 8001
TEL:+27-21-406-5000
料金:スーペリア・ラグジュアリー・ルームR6,735~
日本語での問い合わせ/ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド
TEL:0120-086-230
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。