マレーシアで人気のおやつ。魚せんべい「クロポ」

トレンガヌ市場

トレンガヌの市場で、袋入りのクロポを販売している様子。ばら売りで、量り売りをしていることもある

クロポ(Keropok、ケロポと発音することも)は、魚を原料にしたマレーシアのスナック菓子です。日本のおやつでたとえるなら“えびせん”タイプで、パリッパリッと弾けるような食感に、適度な塩っ気があります。クロポは揚げてすぐに食べるおやつなので、スーパーや市場では、揚げる前の状態で売っています。薄いグレー、または薄い褐色で、1ミリぐらいの薄さの長方形型のものを見つけたら、それがクロポ。油で素揚げしてから、いただきます。

港町のケダ州で、クロポ工場に潜入!

クロポ工場

クロポ工場を案内してくれたマネージャー(右)と紹介してくれたマレーシア人のシュブさんとハリマさん

マレーシアでクロポ作りが盛んなのは、北部の港町。クランタン州、トレンガヌ州、ケダ州などでよく作られています。今回は、ケダ州の「PERSATUAN NELAYAN KAWASAN TANJUNG DAWAI」工場に訪問。ケダ州は、生鮮市場には食用のカブトガニ(!)をはじめ多くの魚介が並び、名物カレーは“ナマズのカレー”という魚をよく食べる街。新鮮な魚が安く手に入る街だからこそ、クロポ工場があるのです。

クロポの製造工程

クロポ工場

「Nelayan Bagus」というブランド名でクロポを販売。魚の加工から袋詰めまで、全行程をこの工場で管理している

ここで扱っている魚は、イカンビリス(カタクチイワシ)、タンブン(イワシ)、クンバン(サバ)の3種類と、海老、イカ。魚1種で1種のクロポを作るので、計5種を製造しています。

すり身工程

魚の皮や身の色によって、クロポの色が変わる

作り方はいたってシンプルです。まず、魚の骨を抜き、小麦粉と一緒にマシーンに入れて、ペースト状にします。いうなれば、巨大なフードプロセッサーで魚のすり身を作ります。

 

 
整形工程

薄く延ばしたものを折り重ねて整形

次に整形。回転型の棒を使いながら、平らに伸ばし、それを折り重ねて四角い形状に。これを蒸します。

 
スライス工程

スライサーを使ってクロポを薄く切る

蒸すと、白色のすり身がクロポ色のグレーに変わり、弾力と硬さが出ます。その状態のものをスライサーでカット。厚さ1ミリぐらいに自動的にカットされます。

 

 

乾燥させて袋詰め。約1週間で完成

乾燥工程

屋外で乾燥させる。魚を原料にしているのに、不思議なほど匂いはない

袋詰め工程

袋詰めにされたクロポ。写真はイカンビリス種

次に乾燥させます。網の上にクロポを並べて、1日約8時間。常夏のマレーシアなので、5~6日も経てば、水分が無くなり、かたく乾燥したクロポに。それを袋詰めにして完成です! このシンプルな製造工程で、魚のうま味たっぷりのせんべいができあがるのです。 

 
 

素揚げしてパリパリのせんべいに

おいしいクロポ

揚げたてのクロポ。左がクンバン(イワシ)で右がソトン(イカ)

食べるときは、熱した油で素揚げ。調理のコツは、たっぷりの油で、少量ずつ揚げること。火が入ると約2倍の大きさに膨らむので、1度に入れすぎないようにしましょう。また、揚げあがりまで約2~2.5秒という、あっという間の出来事なので、調理は慎重に。うっかり揚げすぎると焦げて苦くなってしまいます。

揚げたて熱々のクロポは、魚の香りが口いっぱいに広がる味で、子供のおやつにも、ビールのおつまみにもぴったり!マレーシアなら、スーパーや市場でどこでも売っているので、お土産にもおすすめです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。