なんとも懐かしいコッペパンのお店

さきほどの商店街事務所の斜め前にあるのが、なんとも味のあるこちらのお店。
創業は1912年(大正元年)。コッペパンの製造販売のお店。

「ハト屋」 墨田区京島3-23-10

おそらくこの商店街を代表するお店なのでは、という店構えの「ハト屋」さん。テレビなどでもよく紹介されているので、見たことがある人もいるかもしれない。創業が1912年(大正元年)ということだから、なんともすごい。

プレーンなタイプが130円、ジャムかピーナップバターを塗ると160円

ショーウィンドウにはズラリとコッペパンが並んでいる

古いガス窯で毎日コッペパンを焼いているようだ。最初に前を通りかかった時は、おばあちゃんが奥でうとうととしていらっしゃるので声をかけなかった。帰りがけに通りかかったら新聞を読んでいらっしゃったので、声をかけてコッペパンを1つ購入。迷ったけど、ジャムを塗ってもらう。プレーンは130円。ジャムかピーナツバターは160円。

甘すぎないジャムがとてもパンに合うね。

ふわっふわのコッペパン。けっこうぺろりといけちゃう。

帰りは都バスの文花三丁目の停留所から都バスに乗ることにしたのだが、バスがくるまでの時間に缶コーヒーを買って、コッペパンにかじりついた。これがなかなかの旨さ。今度はピーナッツバターも食べてみよう。

ハト屋パン店 | 下町人情 キラキラ橘商店街
上23(上野松坂屋前-平井駅前)[都バス] 路線図 - NAVITIME