正式名称は「向島橘銀座商店街協同組合」

「キラキラ橘商店街」というのは通称で、正式名称は「向島橘銀座商店街協同組合」だそう。漢字ばかりでちょっといかめしいけど、これを分解してみるとこの商店街の歴史が見えてくる。

まず、冒頭の「向島」だが、これは現代の地名としての向島とは違う。広域名称としての「向島」だ。かつてこのあたりが向島区という区であったことに由来している。向島区は1932年(昭和7年)南葛飾郡全域が東京市に編入されて誕生する。そして、1947年(昭和22年)に本所区と合併して墨田区となり、向島区は消滅する。

以前、「橘館通り」と呼ばれていた

明治通側にある商店街の入口

次の「橘」は、Wikipediaによると1931年(昭和6年)に「橘館」という映画館ができて以来、この通りを「橘館通り」と呼ぶようになったという。ちなみにその映画館は今はなく、「向島」の名残も見かけることはできない。

とてもわかりやすいネーミングだ

商店街の入口にある看板

ともかく、全長450mのとてもレトロな商店街だ。どこの駅からも少し歩く。一番近い京成曳舟駅から5分ほど歩くと到着。最初はまったく入口がわからなかったが、こつ然と商店街が現れるのはおもしろい。

ちなみにここには今年の初め頃、初めて訪れた。日本テレビのドラマ「東京バンドワゴン」にこの商店街が出ていたからだ。そのときはざっと商店街を歩き、お惣菜などを買って帰った。

明治通りから始まり、たから通りを越えたところまでの商店街だ

原公園にある商店街のマップ


そして、今回再訪したのは、フジテレビのドラマ「若者たち」にまたもやこちらが登場しているのを見たからだ。どうやら相当に「絵になる」商店街らしい。
明治通りから歩いた動画はこちら!