手間がかからないペットボトル用ティーバッグ

ヤカンで煮だしたり、水出しでもペットボトルに移し替えるのが面倒という方には、500mlのペットボトル用の水出しティーバッグもあります。
水出しティーバッグでペットボトル節約

ペットボトルにいれる水出し用ティーバッグ



こちらの商品の場合は、Amazonで24袋入り3セットで746円(+送料630円)で売られているものがあります。送料を含めて計算すると500mlのペットボトル1本分のティーバッグの価格は19.1円となり水道代0.12円と足すと500mlのむぎ茶をつくるために19.2円となります。

 

家で作ったペットボトルの飲み物を1日中冷たく飲めるワザ

外出先でも冷たい状態で飲みたいと、家でペットボトルのお茶を凍らせて持っていく人も多いのではないでしょうか。しかし飲みたいときにはぬるくなってしまっていたり、逆に凍ったままで飲めなかったりということも。


ペットボトルむぎ茶を作って節約

凍らせる分量を変えると1日中冷たく飲める


ガイドも会社員時代に毎日2本のペットボトルを凍らせて持って行っていたのですが、凍らせる分量の違うものを2本作っていました。そこに冷蔵庫で冷やしておいたお茶を足して持ち出すので、凍っている分量が少ないペットボトルは午前中に、多い方のペットボトルは午後にちょうどよく飲めるようになります。

凍らせるときに使うペットボトルは安全性を考えると、冷凍用のボトルを使うほうがよいでしょう。最近は凍らせた飲料がスーパーやコンビニで売られているのでそのボトルを再利用しています。


ペットボトルを洗う便利グッズ

ペットボトルの中を洗う際に、以前は卵の殻やビーズを使って洗うワザもありましたが、現在は専用の便利グッズも売られています。
ペットボトル飲み物代の節約undefinedペットボトル洗い

ペットボトルを洗う便利グッズ


こちらの製品は3つがセットになっていてAmazonで385円。

 

粗めのスポンジ素材の中にビー玉のような硬い物が入っていて、これをペットボトルの中に入れて少量の水をいれてシェイクするとペットボトルの中の茶渋が簡単に綺麗に落ちます。

ほんの少しの手間で大きな金額を節約できるペットボトル代、毎日高いペットボトルで購入されている方はとくに、節約にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

※価格はすべて記事公開時のものです



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。