シンガポーリアンに人気のお気軽フレンチ

説明画像

MRTブギス駅近くにあるフレンチレストラン。行列必至の人気店です


「安くておいしいフレンチレストラン」としてシンガポーリアンから絶大な人気を誇る店があると聞いて、早速ランチに出かけてみました。

現在はブギス駅の近くに店舗がある「Saveur(サヴォール)」。「安くておいしいフレンチを食べてほしい」と、名門店で修業を積んだシェフが屋台でフレンチを提供。屋台価格なのに高級店のようにおいしいと話題を呼び、2年前に屋台から店舗へとスタイルを変えて、こちらに移転したそうです。いかにも、シンガポールらしいサクセスストーリー!

ランチの時間帯にお店に到着すると、すでに店の前には行列が! こちらの店は予約を取らない人気店なので、ランチやディナーの時間帯は行列必至。しばらく待って、やっと店内へ。店内は天井が高く落ち着いた雰囲気。シンガポールならではのショップハウスと呼ばれる建物にあるため、奥に細長くなっていて、席数も少なくありません。フレンチというと敷居の高いイメージですが、こちらの店舗は普段着のシンガポーリアンが楽しくおしゃべりをしながら食事をしていて、とても気軽な雰囲気。観光客でも入りやすい店だと思いますよ。

説明画像

イチオシメニューのダックコンフィ。見た目はシンプルですが、驚くべき味わい!

席について周りを見渡すと、ほとんどの人が同じものをオーダーしています。そのメニューとは「Duck Confit」(12.9シンガポールドル)。お店のスタッフも一番のオススメだと教えてくれたこちらの料理、見た目はシンプルですが、とにかくおいしい。外はカリッ、中はジューシーなダック肉をマッシュポテトといただくのですが、ここにプラスされているソースが絶品。深い味わいの椎茸などを使ったきのこのソースの中に、甘めの柑橘系の果物の味わいが効いている。個性的なのですが、お肉とマッチしていて大満足。




説明画像

トウフチーズケーキは、しっかり豆腐の味わいが残っているのに、口あたりはまったりとチーズという不思議なテイストでした

あまりにおいしいので、食後のスイーツにもトライ。こちらも一番人気だという「Tofu cheese cake」(5.9シンガポールドル)をオーダー。豆腐の味わいがしっかり残っていて甘さ控えめなのに、レアチーズケーキのまったりとした口当たりで不思議。有名日本レストランでの修業経験もあるシェフが、日本テイストをとり入れたオリジナルメニュー。見た目もキュートで、こちらもクセになりそう。




前菜やスープなどもオーダーするとランチも20シンガポールドル(約81円※2014年6月現在)ほどになるので、ものすごく安いという印象ではないのですが、高級店と同じくらいのおいしさという噂は本物。コストパフォーマンスはとても高いと思いますよ。また、在住日本人には「フォアグラが安い店」としても知られているようで、こちらは7.9シンガポールドルというから、驚き! ディナーは大人数で、単品をいろいろオーダーしてシェアすれば、お手軽価格で楽しめるのではないでしょうか。

■Saveur(サヴォール)
住所:5 Purvis Street,#01-05/06
電話:(+65)6333-3121(+65)6333-3121
営業時間:12:00~14:15、18:00~21:15(日曜は12:00~14:15、18:00~21:00)
休み:なし
アクセス:MRTブギス駅から徒歩約5分

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。