2014今年の流行は型物花火

2013年の花火は下記でご紹介致しました。

【関連記事】2013年の打上花火の流行

今年もマジックや色の変化は各地で見られると思います。

皆様、型物花火ってご存知ですか?言われれば直ぐに分かると思いますが、ハートやニコちゃんマークの花火です。毎年花火大会を見に行かれる方でしたら、見た事ありますよね。
2014流行花火

左はアフロボーイ 右はカエル 2013年 常総きぬ川花火大会にて

上の画像はアフロヘアーが開いてませんが、時間差で開く仕掛けの花火です。基本的に丸い花火とは異なり平面なので、逆さになってしまったり向きが上手く、こちらに向かないと分からないのが難点ですが、天地無用の特殊仕掛けで打上げる花火屋さんもあり色々と苦労を重ねて楽しませてくれる時間です。
2014流行花火

ネコのワイド打ち 2013赤川花火大会にて

上の画像も天地無用の仕掛けが施されているので、逆さにならずネコ達が夜空で遊んでいるようです。そんな型物花火をどんどんご紹介していきます。
2014流行花火

ヒヨコ達の型物花火 2013赤川花火大会にて

この辺になると見たこと無いのでは?ヒヨコの花火で、クオリティーの高さに初めてみた時はビックリしました。

たんぽぽライオンが二頭いるの分かりますか?昔は秋田産の型物花火が有名でしたが、近年では全国の煙火店さんでオリジナルの型物花火も見る機会が多くなってきました。
2014流行花火

たんぽぽライオン 2013赤川花火大会にて

こちらの「たんぽぽライオン」は宮城県の佐藤煙火さんの花火で、お花畑で遊んでいる「たんぼぼライオン」を見事に表現されていました。

こちらは少し暗くて分かりづらいでしょうか。
2014流行花火

あんこうの型物花火を初披露したガルパン前夜祭花火大会

拡大表示して頂ければ分かると思いますが、魚の「あんこう」です。2014年の3月、茨城県大洗町で行われた、ガルパン前夜祭花火大会でお披露目となった大洗町にちなんでの地域限定花火? 野村花火工業さんの花火でセンスがありますよね。少し可愛い系の「あんこう」にほっこりしました。

忘れちゃいけない、こちらも型物プロフェッショナルの愛知県の磯谷煙火店さん。10年以上前から衝撃的な型物作品を発表しており、ここでは紹介しきれませんので今回は近年の花火からご紹介。
2014流行花火

エイリアン 2013大曲の花火 創造花火「地球を救った男達の物語」より

上の画像は2013年に大曲の全国花火競技大会、創造花火部門で打ち上げたエイリアンの花火です。凄い完成度ですよね。タコじゃないですからね。

続いては毎年クリスマスに愛知県名古屋港で行われているスター☆ライトレビューで上がるロマンチックな花火です。
2014流行花火

クリスマスベルとツリーの共演 2013名古屋港クリスマス花火にて

聖夜に上がる、こんな素敵な花火は恋人達を一層熱く盛り上げてくれますよ。ここでは他にもツリーの花火や星の花火、プレゼントをもらう為の大きな靴下の花火等も見られます。

磯谷煙火店さんの型物花火でご紹介する最後の花火はこちら。
2014流行花火

カクテルの花火 2013赤川花火大会にて

カクテルの花火です。飲みたくなってきましたか?笑 ちゃんとチェリーも添えてあるんですよ!センスありますよね。

まだまだあります こんな型物花火

次にご紹介するのは群馬県は菊屋小幡花火店さん。この花火屋さんの型物花火は全国的にあまり知られていませんが知る人ぞ知る型物の名店なんです。
2014流行花火

イカの型物花火 2012榛名ふるさと祭りにて

上の画像は、そのまんまイカです。

これをみた時は驚きました!
2014流行花火

イルカの型物花火 2012榛名ふるさと祭りにて

イルカです。まるで夜空のイルカショーを行っているような立体的なイルカに思わず拍手したのを覚えています。型物花火を見てテンションが上がる事なんて普段はないのですが、このイルカは想像を超えてきた名作です。

そして遂にこんな花火まで!分かりますか?
2014流行花火

ぐんまちゃんの型物花火 2013榛名ふるさと祭りにて

2013年ゆるキャラグランプリで第3位になった「ぐんまちゃん」の型物花火です。
もの凄いクオリティーの高さですよね。近年ではこのようなご当地ゆるきゃらの花火を全国の花火大会で見る機会が多くなってきました。熊本では「くまモン」に挑戦した花火もありましたが、黒は難しいですよね。

そんな今年も全国で、ゆるキャラ等の今まで見た事のない花火達が夜空を楽しませてくれると思います。でも、まだとっておきの型物花火があるんです。それは次で!

進化している型物花火の最新系

2014流行花火

ニコちゃん芯菊 2013片貝まつりにて

見て頂ければ分かるように大玉の芯にニコちゃんマークが入っています。数年前から新潟県の片貝煙火工業さんが始めた新手法で斬新な花火にビックリ仰天。芯に型物花火なので外側の花火は時間差で発光します。
2014流行花火

ハート芯菊 2013片貝まつりにて

こちらも同様の構造で中にハートが入っています。数年前は流行と言うか片貝煙火さんの花火でしか見られませんでしたが、昨年頃から流行にのり、他の煙火店さんでも同様の手法が用いられ全国で見る機会が多くなってきました。今年の流行花火と言って間違い無しの型物芯の大玉花火です。

続いても片貝煙火さんの花火ですが、こちらは流行では究極の型物花火!「抜き」です。
2014流行花火

これぞ究極!抜きの型物 2013片貝まつりにて

初観覧時は目を疑いましたよ。笑 くり抜いてハートが表現されています。創作弁当のようですが簡単ではありません。実際に制作するのは小さな花火玉(5号玉で約15cm)で上空で150m近く広がりますので、そんな簡単な技術ではないようです。

以上、今年の流行花火と題して、型物花火から最新の型物花火をご紹介致しました。

ですがちょっと待って下さい。もう一つ大事な花火が!

2014流行する花火と言えばやっぱりアレ!

雪だるまつくろう~っでお馴染みの映画「アナと雪の女王」(以後省略「アナ雪」)
そうです。「レリゴー花火」です。2014年の花火大会ではこのアナ雪の曲が花火大会で使われるかな?っと思っていましたら、既にGWの栃木県はツインリンクもてぎや5月末に行われた神奈川県の逗子花火大会で、アナ雪に合わせてのレリゴー花火が披露されました。
2014流行花火

ツインリンクもてぎでアナ雪の曲に合わせて上がったレリゴー花火


ツインリンクでの演出は素晴らしく、ザラ星(上記写真の下部で筒からの発射と同時に咲く花火)の色は、まるでエルサをイメージしたエメラルド色でアナ雪の世界を見事に表現していました。
2014流行花火

エメラルドの雪の結晶をイメージしたかのような八方咲き

このレリゴー花火!担当する花火屋さんによって演出は異なりますが2014年夏、全国でブレイク間違い無し!音楽付き等のミュージックが流れる花火大会では是非期待してみて下さい。

以上 2014年 流行の花火でした。

=================================

写真・テキスト 井上真也
Photo&Text(c) Shinya Inoue - All Rights Reserved.
記事・画像の無断使用・転載は禁止します。

花火の撮影場所はオフィシャル撮影も含みますので、許可を得て有料施設、関係者エリア、私有地からの撮影も含まれますのでご了承下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。