東京モーターショーから市販化へ

プジョー2008

プジョー2008は、全長4160×全幅1740×全高1550mmで、機械式立体駐車場に入庫できる

日産ジュークやホンダ・ヴェゼルの国産勢、MINIクロスオーバーやVWクロスポロに加えて、プジョー2008とルノー・キャプチャーのフランス勢に続き、フォード・エコスポーツが5月31日に登場し、とりあえずはBセグメントのSUVが出揃った感がある。

なお、メルセデスのGLAクラスはサイズも価格もひとクラス上で、あとはマツダCX-3の登場待ちといったところか。

台数が多いので今回は、ガチンコのプジョー2008、ルノー・キャプチャー、そしてフォード・エコスポーツに絞りたい。なお、この3台のうちプジョー2008とルノー・キャプチャーは、昨年の東京モーターショーでジャパンプレミアを果たしている。

一見似ているようでも、走りは「三車三様」

プジョー2008リヤ

プジョー2008は全車にルーフレールを標準装備し、最低地上高は150mmを確保する

まず、プジョー2008の魅力は、プジョーに期待するしなやかな乗り味を備えている点だろう。個人的には、プジョー406スポーツのようなスポーティでも驚くほどしなやかな「猫足」のような足を求めてしまうが、2008の乗り心地はライバルと比べるとしなやかだし、フラットライド感も十分に味わえる。

気になるのが、1.2Lの直列3気筒DOHCのNAのみである点と、シングルクラッチの5速ETGの出来映えだろう。
プジョー2008エンジン

プジョー2008のエンジンは3台の中で唯一の3気筒だが、音や振動面はほとんど気にならない

後者から先に書くと、1-2速の変速は明らかに「ひと呼吸」あるが、3ペダルMTからの乗り替えならすぐに慣れるだろう。CVTやATしか乗ったことのない人はやはり念入りに試乗してチェックした方がいい。

82ps/118Nmの数値は、ライバルよりも明らかに不利だが、意外と粘るエンジンで街中から高速道路の上り坂で追い越しをかけるシーンでも、マニュアルモードでギヤを選べば想像以上に走ってくれる。
ルノー・キャプチャー

ルノー・キャプチャーの3サイズは、全長4125×全幅1780×全高1565mm。1550mmの高さ制限のある立体駐車場には入庫できない。最低地上高は欧州値で185mm

キャプチャーとエコスポーツの車両重量は、偶然にも1270kgと同値で、プジョー2008は100kg以上軽い1140~1160kgにとどまっているのも、走りの軽さ感につながっているはずだ。

しかし、ワインディングや高速道路の加速レーンなどでターボのありがたみを感じさせるのが、ルノー・キャプチャー。
キャプチャー・エンジン

ルノー・キャプチャーは3台の中で唯一ターボを搭載。過給が始まってからの力感はさすがに抜きん出ている

120ps/190Nmの最高出力、最大トルクは伊達ではない。乗り心地も悪くはないが、コーナーではロールが少し大きめで、揺り返しもそれなりにくるから荷重移動を意識しないとスムーズに走れないのが少し気になるところ。

次ページは、フォード・エコスポーツの走りについて