最近、ママ達の間で話題のキッザニア。“こどもたちによる こどもたちの国”というテーマのもとで、すきな仕事にこどもたちがチャレンジし、楽しみながら社会のしくみを学ぶという施設です。

 そんなキッザニアで「クルマに乗れる仕事があるんだって?」「クルマを運転したいっていうんだけど・・」とクルマに関する仕事は、どういったものがあるのか、最近よく質問を受けます。
 そこで今回は子供達が楽しめる、キッザニアの中にあるクルマに関連するパビリオンを紹介します。

レンタカー:三菱自動車


自分でクルマを運転したい! と思った時に訪れるのが三菱自動車のパビリオンです。ただしクルマを運転するには実社会と同じく1.健康診断(キッザニアにある病院での診断書) 2.運転免許試験(この試験場も施設内にあります) を受けなければいけません。
また免許取得には身長110cm以上の子供という制約があるため要注意。幼稚園~小学校低学年の子は、この身長制限でひっかかってしまう場合もあるので、ギリギリの際はあまり期待をさせないほうがいいようです(けっこう身長がダメと言われて、ガックリしている子供を見かけました・・・)

健康診断は実際と同じに、視力などを検査します。運転免許証を取得するための健康診断は、事前に受けておいても大丈夫なので、空いているタイミングで検査を受けておくのもオススメです。

そして実技試験も、これまた実際と同様にマナーや標識などのルールを習い、筆記試験を受けます。通常30分程度試験にかかりますが、空いていると、サクッと終わってしまうことも。
この試験に合格すると写真入りの運転免許証がもらえ、無事、レンタカーを借りてクルマを運転することができます。

カーディ-ラー:三菱自動車

ディーラー
パッと見た感じは本物のディーラーかと思えるほど
サービスレディや営業マンに変身して、クルマを見にきたお客様に説明をします。



カーライフサポートセンター:オートバックス

整備
本格的に整備に挑戦
クルマを整備しながら、構造を覚えていきます。ボンネットを開けてバッテリーを交換するなど、けっこう本格的。


洗車、ガソリンスタンド:出光

スタンド
給油などの仕事に挑戦
ガソリンスタンドのサービススタッフとなって、クルマを誘導したり窓を拭いたり給油などをします。また洗車機もあるのですが、こちらの洗車コーナーは身長110cm以上となっています。


このガソリンスタンド、洗車機、カーディーラー、レンタカーは同じエリアにあるため、子供達がお仕事をするために並ぶ際、どこで並べばよいのか? ちょっと混乱してしまいがちでした。(並ぶ場所にも子供だけで行き、大人は基本的には介入できないので!)小さい子供の場合は、何をやりたいのか、しっかりと子供自身に確認させてから並ばせたほうが良さそうでしたね。


宅配センター:ヤマト運輸

宅配
車内の作りも本物そっくりに
男の子にも女の子にもかなり人気があるのが、この宅急便のクルマに乗るお仕事。1時間待ちはあたりまえという状況でした。お仕事内容はあるお店で荷物を受け取り、クルマで配達場所まで行き、受領印をもらって戻ってくるというものですが、なかなかリアルなデザインのクルマに子供達も大喜びです


消防署:アメリカンホームダイレクト


火災現場にむかい火を消すお仕事ですが、火災現場にむかう際に乗れる消防車は大人気! 車内から「緊急車両がとおります」というアナンスもするなど、内容はけっこう豊富です。人気が高く1時間以上の待ち時間の時も多いです。

電力会社:東京電力


町のどこかで停電が起こった時に、クルマに乗って現場に向かい、電線の点検や修理を行います。

観光バス:はとバス


観光バスのガイドになってキッザニアの国を一周しながらガイドをします。色々と説明をしながらクルマに乗るだけに、ちょっと緊張した子供達の顔が見れるお仕事です

病院:ジョンソン&ジョンソン


病院には4つのお仕事があるのですが、救急車にのって怪我人などを助けにいくお仕事もあります。ただ4つの仕事すべての受付が、同じ場所で、しかも仕事の順番を待つ場所は、完全に親から見えない場所になってしまうので、ここでも子供自身に、しっかり何がやりたいか確認して、言えるようにしてから並ばせるのがよさそうです。


こんな感じでとにかく様々なお仕事があり、クルマに乗れる機会もたくさんあります。とは言っても、自分で運転できるのはレンタカーのみで、基本的には係のおねえさん、お兄さんが運転するクルマに同乗するのですが。それでもどの子供も緊張感と期待感でまさにワクワク・ドキドキ! とても普段では見れない表情を見ることができます。
はっきり言って大人は何もすることがなく、ひたすらガラス越しに我が子のがんばっている姿を写真やビデオ撮影するしかないですが、子供達の満足度はかなりのもの。それだけに、待ち時間もかなり長いですが、それ以上の素敵な経験ができる場所なのは確かです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。