ホームズ終焉の舞台、ライヒェンバッハの滝/スイス

シャーロック・ホームズ「最後の事件」の舞台

ライヒェンバッハの滝はシャーロック・ホームズのシリーズ、「最後の事件」の舞台になった


スイス中央部、マイリンゲン。マイリンゲンは、ルツェルンとインターラーケンの間に位置する山間の村で、夏のみオープンするフルカ峠やグリムゼル峠などの絶景ルートを結ぶバスが発着しています。

ライヒェンバッハの滝

ローゼンラウ氷河から流れ出る水がここで流れ落ちる

このマイリンゲンの村の近くにあるのがライヒェンバッハの滝です。7層の滝が落差120メートルを流れ落ち、麓からケーブルカーに乗って滝まで行くことができます。シャーロック・ホームズのシリーズ、「最後の事件」で、ホームズ終焉の地に選ばれたため、ライヒェンバッハの滝は一躍有名になりました。



物語の中で、ホームズは「犯罪界のナポレオン」と呼ばれるモリアーティ教授と対決。格闘の末、滝壺に転落したとされています。二人が格闘の末、転落した地点の岩壁には印が付けられ、ホームズファンならずとも興味をそそられることでしょう。

ライヒェンバッハの滝へ向かうケーブル

1899年開通の赤いケーブルカーが滝を目指す

アクセスはインターラーケンからマイリンゲンまで列車で約30分。マイリンゲン徒歩約20分。またはマイリゲン駅前からバス利用。Willigen, Klinik Reichenbach下車(乗車約5分)。さらにケーブルカーを利用して、滝の近くまで行くことができます。ケーブルカーの所要は7分。5月上旬~10月中旬の9:00~17:00の間、30分毎の運行。冬期運休。料金は大人片道7スイスフラン。往復10スイスフラン。

シャーロック・ホームズ記念館

バスの乗り換えなどで時間があれば立ち寄ってみたい

マイリンゲンにはシャーロック・ホームズ記念館もあり、ロンドン、ベイカーストリートのホームズとワトソンの居間を再現。二人が持っていた小物の複製品などが展示されています。

場所はマイリンゲン鉄道駅近くにある英国教会の地下。ロンドンのシャーロック・ホームズ協会の支援のもと、シャーロック・ホームズ没後100周年にあたる1991年に完成しました。オープニングの日には、著者アーサー・コナン・ドイルの娘、ジーン・コナン・ドイルも出席しました。

<DATA>
■シャーロック・ホームズ記念館 Scherlock Holmes Museum
住所:Conan Doyle Square, CH-3860 Meiringen
TEL:033-972 50 00
営業時間:5月~10月中旬は毎日13:30~18:00、12月~4月は水・日の16:30~18:00
入場料:大人4スイスフラン

マイリンゲンの近くには、急流の川が作り出した自然の造形で、遊歩道が整備されているアーレ峡谷もあるので、ライヒェンバッハの滝見物と合わせて訪れることもできます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。