風水インテリアで健康運をアップ!

最近なんだか疲れがたまる……そんなとき、プチ模様替えをしてみては?

最近なんだか疲れがたまる……そんなとき、プチ模様替えをしてみては?

「なんだか疲れが取れない」「病気ではないけどなんだか体調が悪い」「疲れがたまりやすい」、そんな人はお部屋が不健康を呼んでいる可能性も。プチ模様替え風水で、元気の出るお部屋を作っていきましょう!

まずはカーテンを開けて陽の気を取り入れましょう。

時折、憂鬱な気分になり、何もしたくなくなるプチうつ状態になってしまったら、部屋の日当たりをよくして、部屋にも体の中にも、陽の気を取り入れていきましょう。カーテンや窓を開け、太陽と風のエネルギーをたっぷり入れることで、ネガティブな気を取り除きます。窓辺の雰囲気がよくない時は、日中でもカーテンを1/3閉めておくと、マイナスの気の侵入を防げて気分がよくなります。

ブルーの小物で毎日を元気に

健康運に大切なのは「水」の気。水のエネルギーをインテリアに取り入れると、心身がリラックスしていきます。鮮やかなブルー系の小物や波、魚、イルカ、水玉などのマリン系のモチーフなどがオススメ。リビングや寝室に海辺の写真やイラストを飾っても元気が出ます。
ただ置くだけではなくて、お部屋とのバランスも大切です。

ただ置くだけではなくて、お部屋とのバランスも大切です。

ちなみに黒い色の家具やインテリアは陰の気を溜めこみ吸収します。可能な限り、片付けてしまいましょう。

冷蔵庫をデトックス!パワーを取り戻しましょう

冷蔵庫の中に賞味期限切れの食材は入っていませんか? 使いたいものがすぐに取り出せますか? ごちゃついていたり、詰め込みすぎの冷蔵庫だと本来のパワーを十分に発揮できません。身体の不要物を出し切るように、冷蔵庫もデトックスしましょう。入っている食品をチェックして、使いたい時にすぐに取り出せるように整理しましょう。

ついでに掃除もできればベスト。本来のパワーがよみがえって、ウキウキしてくること間違いなし!

疲れが取れない。そんな時は至福のバスタイムを

体が疲れる、だるいなどの症状が抜けない人は、体の中にマイナスの気が残っているのかも。そんな時は、バスタイムを充実させましょう。

好きな香りの入浴剤でリラックスしたり、音楽を聴きながら心を癒したり…。お風呂の中で自分の好きなことをしてリラックスできれば、体内に溜まったマイナスの気が押し流されて、プラスの気で満たされるようになります。ただしそのためには、日ごろから吉運が住むバスルームにしておくことが必要です。

入浴後は使った道具を片付けて、水あかなどの汚れを落とし、換気をしておきましょう。バスルームがきれいでカラッとしていれば、マイナスの気は寄りつかず、良質のプラスの気の中で、ゆっくり体を休めることができます。

眠りのゴールデンタイムでエネルギーチャージ

風水気学では、新しい一日は午後11時から始まります。11時は昔の十二支でいう「子の刻」の時間。「子」は始まりの気を持ち、「宿る、根(=ね)づく」という意味を持っています。

11時までに眠れば、その日のあらゆる出来事がリセットされ、昨日とは違う新しい明日を迎えることができます。11時までに寝ることが難しい時は、その時間にベッドに入るだけでもOKです。
朝日を浴びると体内時計もリセットされます。

朝日を浴びると体内時計もリセットされます。


また、朝5時から7時の卯の刻に起きれば、体にいいエネルギーがチャージされます。「卯」は東をあらわす方位。卯の刻に起きて、窓を開け、朝のマイナスイオンたっぷりの空気や太陽を浴びることで、あなたの中にたくさんのやる気エネルギーがチャージされます。


質の良い睡眠で一日の体調や出来事をうまくリセット!新しい自分で気持ちの良い新しい朝を迎えましょう!

【関連記事】
トイレの風水、金運と健康運に効く6つのポイント
風水で寝室をプチ模様替え!開運インテリア&習慣


注文住宅をカタログで徹底比較!

LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログを探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。